ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>施工事例>東京都小金井市 街道脇のケヤキの伐採
施工事例

東京都小金井市 街道脇のケヤキの伐採

令和3年3月4、5日実施

小金井市にお住まいのお客様より、自宅のすぐ傍に立っている目通り270㎝のケヤキの伐採の依頼がありました。

市街地中心部のため周囲への落葉に対する配慮と、小金井街道のすぐ脇に立っているので万が一落下枝が通行人や車両に当たった場合を考慮して伐採したいとのことでした。

このケヤキは依頼人様の敷地とお隣の月極駐車場の敷地に跨っており、依頼人様の祖父が植えた木で地元では「白龍欅」として看板を立てて保全もされていました。

ケヤキは依頼人様と駐車場所有者様の共同所有物となっており、以前の枝下ろし作業の際には駐車場に重機や車両を搬入して作業したとのことで、伐採するためには同様の手順を踏む必要がありました。

駐車場へ入るための脇の路地は狭く、駐車場入口も乗用車の出入りのみを想定しているので普通車1台分位の間口しかなく、4t級ロング車の車両は入ることができない状況となっていました。

また、月極駐車場のため作業時に一時立ち退きする車両は最小限にして通路分は確保して欲しいとのことで、小型車両でも台数を多く持ち込むことができませんでした。

このため、伐採材や発生材の搬出には3t車程度の小さめの車両で作業せざるを得なく、当社との距離が離れているので1日での作業は難しく伐採1日、搬出半日の合計1.5日の工期としました。

月極駐車場を使用するにあたり依頼人様や所有者様の他、駐車場管理の不動産業者様には駐車場契約者様への告知、一時立ち退きや代替地案内の事務手続きをしていただきました。

幹を伐採する際、切り株は根元のかなり低い位置から伐って欲しいとのことで、不動産業者様側でケヤキ周囲にあった柵等の障害物を予め撤去もしていただいていました。

駐車場隣地の造成工事の都合上、3月に入ってから一週目の間に工事を必ず完了して欲しいとの指定もあって、作業日確定の段階で天気とクレーンの配車上3月4、5日しかチャンスがありませんでした。

作業当日になってみると日中晴れの日は1、3、4日で幸いにも着工日が一番穏やかな日となり、朝より13tクレーンを駐車場へ搬入して作業を開始しました。

作業場所と通路確保のため最低限の車両しか持ち込まず、初日のトラックは原木運搬車と枝葉運搬用のダンプだけとしました。

嵩張る枝葉を効率的に運搬するために、承諾を取って先端の細枝は現地でチップ化してダンプへ積み込み、少し太めの枝は薪材として2日目の片付の際に搬出するように選別しました。

ケヤキの幹は依頼人様の自宅外壁と月極駐車場のカーポートに非常に接近しており、さらには小金井街道とその歩道の上に枝が伸びていたので、伐採には交通状況に気を配り作業しました。

作業全体には安全対策と効率作業のため、交通警備員や当社から臨時作業員も含め総勢8名で初日の伐採作業に当たりました。

午前中で多数の萌芽枝と太枝は全て伐り下ろし、午後は幹を伐採して予定通り1日で十分に終了し、伐採材は元木伐採材のみ原木運搬車へ積み込んで搬出しました。

積み切れない伐採材等は一晩に限り駐車場内に仮置きする許可が取れているので、残りの伐採材と太枝薪材は一箇所にまとめて置いて帰りました。

重量物を初日のうちに搬出してしまったので2日目のクレーンは急遽キャンセルし、残りの伐採材等は当社のユニック車で積み込みをすることにしました。

2日目は原木運搬車に太枝パルプ材、ユニック車に太枝薪材を積み込んでお借りした駐車場を清掃して全作業を終了しました。

ケヤキの材質は良い部類ものでしたが枝下高が低く、過度な剪定による腐食が多く見られたことで伐採材は全て無償での引取となりました。

202135224650.JPG

伐採木

20213522471.JPG

枝吊り伐り

202135224712.JPG

太枝吊り伐り

202135224724.JPG

太枝胴切

202135224823.JPG

元伐り

202135224833.JPG

元木吊り上げ

202135224740.JPG

元木吊り出し

202135224749.JPG

元木伐採材

20213522481.JPG

伐採材搬出

202135224813.JPG

太枝薪材

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yamato-masuoka.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/214

ページ上部へ