• イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

1923年の歴史の知恵は培われてきた技術と常識にとらわれない対応力。

大正12年、機械も殆ど無い時代に増岡材木店は創業しました。
当時の伐採や製材は斧や鋸を使い、全てが人力での作業でした。
その頃から既に、大木を相手とした伐出作業を行って参りました。
人力~半機械化~全機械化における全ての作業形態を経験し、先代からの技術を継承してきました。
当社では先代からの技術や知恵に、現代の機械作業を合わせた方法で迅速な作業をご提供します。

1923年からの歴史と知恵は培われてきた技術と常識にとらわれない対応力。

高くても良い物を長く使い無駄な設備投資をしない理由はお客様に還元するため。

チェーンソーは世界No.1ブランドのドイツ・スチール社製を使用。
世界最小クラスのミニチェーンソーから150cmのガイドバーが装着可能な世界最大クラスのチェーンソーを含む様々な大きさのチェーンソーを20台以上保有し、あらゆる大きさの樹木の伐採に対応。
世界最高の品質と耐久性で最高のパフォーマンスを実現します。
確実なメンテナンスと丁寧に使うことで、長期に渡って使用可能。当社では50年前のエンジンチェーンソーも動きます。

高くても良い物を長く使い無駄な設備投資をしない理由はお客様に還元するため。

少数精鋭の職人だけ。一番効率のよい方法を私たちは知っています。

伐採作業は人員が多ければ早いと言う訳ではありません。
人と機械のベストマッチにより迅速な作業を実現しています。
機械が使えるところは有効に活用し、作業日数を短縮します。
機械はどんなに小さくても古くても、1台で数人分の仕事をします。
様々な車両や機械が自社所有なので機械代・レンタル費をカット!
自社施工×自社機材で迅速+低価格での作業を実現!!
当社独自の技術や臨機応変な発想で、特殊作業にも対応。

少数精鋭の職人だけ。一番効率のよい方法を私たちは知っています。

長物・大物対応の製材工場を完備。伐採した木を当社で製材することができます。

当社事業は伐採の他に製材も行っています。
国内一流メーカーである富士製作所製帯鋸盤と全自動送材車で、小工場ながら長さ14m・直径1.5mまでの帯鋸製材が可能。
さらに、胴割製材機により直径2.4mまでの丸太の胴割製材も可能。
単独機械県内最大の製材設備を完備し、大木の製材に対応。
数少ない長物・大物対応工場で、お客様のニーズにお応えします。

長物・大物対応の製材工場を完備。伐採した木をすぐに製材することができます。
増岡材木店が選ばれる理由はこちら

新着ブログ一覧へ

  • 2020.09.30東京都西東京市 屋敷内のケヤキ大木等6本の買取伐採(2)

    令和2年9月30日実施 西東京市でのケヤキ伐採の続き記事です。 昨日は16tクレーンで可能な範囲を全て伐採し、本日は13tクレーンに機種を変更して母屋に近い位置にあるケヤキ2本とカシ1本を伐採するだけになっていました。 昨日伐採した目通り310㎝ケヤキと以前に倒木した目通り300㎝超ケヤキの間の通路を跨いでクレーンを中...

  • 2020.09.29東京都西東京市 屋敷内のケヤキ大木等6本の買取伐採(1)

    令和2年9月29日実施 先週より今年度の伐採シーズン繁忙期に突入し、シーズン最初の大木の伐採です。 過去2回に渡って敷地内のケヤキを当社で伐採しているお客様より、自宅敷地内に最後まで残していたケヤキ6本の伐採の依頼がありました。 2年前に首都圏を襲った台風24号で敷地内の目通り3m超えのケヤキが折損倒木した関係で、当社...

  • 2020.05.14埼玉県さいたま市中央区 神社境内の樹木伐採

    令和2年5月12~14日実施 昨年、富士見市の現場で隣同士になったさいたま市桜区の造園業者様より、市内中央区の神社境内にあるムク等の中木以上13本の伐採の依頼がありました。 落葉の清掃が総代・役員様では大変になってきていることから、サカキ等の常緑樹を残して落葉樹は基本的に全て伐採したいとのことでした。 当社が伐採する樹...

ページ上部へ