ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2017年2月

2017年2月

埼玉県入間市 屋敷内のメタセコイアの伐採とダイオウマツの剪定

平成29年2月20日実施

地元近所の土建屋さんより、すぐ近所の個人様屋敷内にある目通り8尺、樹高約25mのメタセコイアの伐採の依頼がありました。

木が大きくなってしまい秋の落葉で近隣よりクレームが出ていたようで、その他色々な事情が重なってこの度伐採することになりました。

近くの道を走っていてわかるほど樹高が高くなっており、大きくなってしまったことからなかなか伐れずにいたそうです。

当社と現場は直線距離で約400m離れていますが、樹高が高いので当社の前から木の上部を見ることができていました。

木の近くには木製の門や塀、電線電柱があり、さらには樹高が高いので庭へ伐り倒したり、高所作業車を使ったりすることができませんでした。

現場状況から13tクレーンが搬入の限界で、予算の関係から土建屋さんの8tラフタークレーンを使って欲しいという条件付きでした。

作業するにあたり近隣の方々の了承を得て、クレーンを木まで再接近できる砂利道上に設置しました。

8tクレーンのため揚程が低く、6段目のジブを伸ばしても木の梢端を超えることができませんでした。

梢端部を伐り下ろす際、荷を吊り上げることができないので玉掛を工夫して伐り落とす要領で伐採しました。

針葉樹なので大きく枝下ろしはせずに梢端を6番玉として約6mで、5番玉~元木は3~3.5mの間で胴切して伐り下ろしました。

木に近い位置まで接近できたことから、揚程を除いてメタセコイアでは十分な吊り上げ能力を確保することができ、枝付きでも3m以上で胴切することができました。

ラフタークレーンの特性を生かして電柱のアンカー線を回避することができ、吊り伐り時・荷下ろし時ともに大きな支障もなく作業ができました。

メタセコイア伐採後、道から約12m離れた庭の中にある樹高約18mのダイオウマツの剪定を追加依頼されました。

クレーンを塀ギリギリまで接近させて樹高分の揚程を確保し、上に伸びた枝を数本伐り下ろして樹高15m弱まで伐り詰めました。

枝葉は当社で処分せず、胴木は引き取って欲しいとのことでしたので、土建屋さんの4tダンプで当社貯木場へ運んでもらいました。

201722020141.JPG

伐採木

20172202021.JPG

当社から見た伐採木

201722020218.JPG

梢端吊り伐り

201722020232.JPG

5番玉胴切

20172202034.JPG

3番玉胴切

201722020320.JPG

2番玉胴切

201722020414.JPG

元伐り

20172202043.JPG

元木積込

201722020336.JPG

ダイオウマツ枝吊り伐り

201722020348.JPG

ダイオウマツ枝吊り出し

 

東京都日の出町 建築現場のケヤキの買取伐採

平成29年2月5日実施

材木問屋様の紹介により、問屋様のお客様である建築業者様からリフォーム現場にある目通り200cmのケヤキの伐採の依頼がありました。

ケヤキは日の出町の山合いのお宅の庭にあって、家をリフォームしている最中で費用が多く掛からないようであればこの機会に伐りたいとのことでした。

木は隣地との境を流れる水路のすぐ脇にあり、水路を跨いで隣地に伐り倒すことも可能でしたが、伐倒時に水路を痛めてしまう可能性があったのでクレーンで吊り伐りすることにしました。

お宅の常口は2m少々と狭く、坂がきつくてすぐ横には水道の配管が通っていたので、隣地をお借りして13tクレーンを搬入しました。

建築現場である都合から作業は日曜日がよいとのことで、当社の都合上でも本日がよかったのでお互い都合よく実施することができました。

以前に枝下ろしをしており幸いにも枝が少ない状態でしたので、枝下ろしは片方の大きい枝1回と細い枝3回で終了しました。

2番玉胴切の玉掛用に一部の枝を残し、地上6m付近で一旦胴切をすることしました。

枝下ろしをしている木のため、胴切した位置よりあと少し上で胴切した場合は腐りが出ることを予想したので、現状位置での胴切をしました。

この位置で胴切した場合は6m材が欠けてしまうので、根周りの土を掘り下げてから元伐りして6m材を確保しました。

水路の脇に立っている木のため根曲りしていますが、無節材だったので短幹材にせずに6m×54cm材で搬出しました。

クレーンを設置した土地の所有者様より薪が欲しいとのことでしたので、枝の太い部分を薪材として切って提供しました。

8時から作業を開始して10時には積み込みまで終えて撤収できる状態でした。そこから移動して、午後からは川越市で目通り210cmのケヤキ1本の伐採も行いました。

日の出町と川越市の現場は偶然なことに同じ日に見積の依頼を受け、同じ日に現場を拝見し、さらに同じ日に伐採を実施することができたので双方様々な費用を抑えることが可能でした。

日の出町の現場はケヤキを買取して作業費用と枝葉処分費用を値引きし、クレーン費用のみで伐採させていただきました。

川越市の現場もケヤキを買取して伐採費用を値引きし、半日の作業人件費のみで伐採させていただきました。

20172520242.JPG

伐採木

20172520258.JPG

細枝吊り伐り

20172520452.JPG

2番玉胴切

20172520440.JPG

胴切後

20172520318.JPG

元伐り

20172520330.JPG

元伐り後

20172520344.JPG

伐採材

20172520413.JPG

6m材積込み

 

ページ上部へ