ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2016年2月

2016年2月

埼玉県富士見市 屋敷内のカシとイチョウの伐採

平成28年2月25日実施

以前当社で枝下ろしを行ったお客様の紹介により、その方の近所にお住まいの御親戚のお客様より屋敷内にある目通り8尺のイチョウとカシ等の伐採の依頼がありました。

カシの根元が腐り始めており、万が一のことを考慮されて伐採を決められたそうです。カシの伐採と同時にその他の立木も整理して欲しいとのことでした。

立木がある場所は住宅街の中で、車両の進入は当社の3t車および16tクレーンが適当でした。

前日にクレーンや車両を搬入するために垣根を最小限除去させてもらい、裏庭の空きスペースに薄い鉄板を敷きました。

その後、11m高所作業車を使って枝下ろしをして、24日は事前準備と枝下ろしで半日の作業日程で終了しました。

胴木は近くに小屋や引き込み電線があってそのまま伐り倒すことができないので、16tクレーンを使用して残りの伐採を行いました。

イチョウは前日残した太枝2本とその胴木、カシはクレーンから遠い位置にあって丸吊りできないので、胴切を行って長さ3m程度で3分割にして伐採しました。

カシの胴切は当初4分割程度を想定していましたが、クレーン設置の際に予定位置より1m以上木に近い位置に寄ってもらえたので、3分割でギリギリ吊り上げられました。

さらに胴切時は場所的な問題から高所作業車が使えないことが予想され空師の出番かと思われましたが、難なく高所作業車が使えたので非常にスムーズに作業できました。

午前中には胴木の伐採が終了し、午後は胴木搬出と機材撤収を行って1.5日で全ての作業を終了しました。

枝葉は15㎥ほど排出されましたが、敷地内に置いて良いとのことでしたので1箇所に集積して現場放置とさせてもらいました。

イチョウは赤身が少なく材質的に良い部類に該当する木でしたが、残念ながら需要がないため他の胴木とともに無償で引き取りました。

201622520572.JPG

伐採木(イチョウ、ヒノキ、カシ、ムクノキ)

2016225205721.JPG

イチョウ枝切り

2016225205822.JPG

イチョウ元伐り

2016225205837.JPG

イチョウ伐採材

2016225205930.JPG

カシ3番玉胴切

2016225205946.JPG

カシ2番玉胴切

201622521328.JPG

カシ元伐り

201622521420.JPG

カシ元木吊り出し

 

埼玉県三芳町 町道脇のケヤキ並木8本の買取伐採

平成28年2月10日実施

三芳町の空師さんより、昨年末に施工した同町内のケヤキ並木16本の伐採に引き続き、同現場内の個人様の塀と町道の僅かな間にあるケヤキ並木8本の伐採の依頼がありました。

以前に枝下ろしをしていて新たに伸びた枝は比較的少ない状態でしたが、立木の管理が若い世代の重荷にならないようにと前回の並木を伐採する際には決められていたそうです。

木は目通り5尺前後と細い部類ですが太さに対して古木であり、梢端部が既に枯れていたり、新たに枯れ始めていたりして道路へ落下する危険性が非常に高い状態でした。

こちらも当社が伐採して胴木を買い取ることで伐採費用を値引きし、空師さんが道路使用許可等申請の手続きと枝葉の搬出処分を行いました。

伐採する木は全てにおいて、幹の下部より細枝が生えているうえ複雑に曲っており、3本は元に腐りや穴があり1本は細くて薪材同然でした。

クレーン作業を1日で終わらせるため、前日に22m高所作業車を使って道路へはみ出している(クレーンの支障になる)枝、幹から生えている細枝等を先行的に処理しました。

公道上での作業のため、胴木・発生材ともに置いておくことができないので当社が伐採して空師さん組が枝搬出を並行して行い、工期短縮と交通への影響を最小限にしました。

胴木伐採にあたっては、25tクレーンを使用すると旋回時に後部が対向車線へ大きくはみ出すため、16tクレーンを使用しました。

半数のケヤキは前日までに枝下ろしが完了していましたが、残りは高所作業車での枝下ろしが難しい太枝であったのでクレーンで吊り伐りをしました。

伐採後の枝や胴木はクレーン前方の道路へ寝かす必要があるため、降りてきた材の元に玉掛をしてユンボでの牽引により使用車線内へ正確に寝かしました。

道路上の作業では荷降ろしの都合上、20m級高所作業車が使いにくいため全ての玉掛作業を当社の空師が木に登って行い、枝切り離しのみ11m高所作業車を使用しました。

胴木造材後は3台のトラックへ積込んで当日中に全て搬出し、空師さんの協力の下2日間で全作業を完了しました。

材は曲りの都合上3m~4mに玉切る必要があり、かろうじて無節の材が採れた木は元木短幹材の5本だけでした。

201621121615.JPG

伐採木(小枝処理済み)

201621121711.JPG

枝玉掛(作業の流れ1)

201621121818.JPG

枝吊り伐り(作業の流れ2)

2016211211041.JPG

枝吊り下ろし(作業の流れ3)

2016211211140.JPG

胴木玉掛(作業の流れ4)

2016211211234.JPG

元伐り(作業の流れ5)

2016211211358.JPG

胴木吊り下ろし(作業の流れ6)

2016211211450.JPG

造材・積込み(作業の流れ7)

 

2016211211616.JPG

梢端残し胴木の玉掛

2016211211634.JPG

全木吊り倒し

 

 

ページ上部へ