ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2021年11月

2021年11月

埼玉県ふじみ野市 屋敷内の立枯れケヤキの伐採

令和3年11月23日実施

当社で伐採をさせていただいているふじみ野市内の神社の役員様より、ご自身の自宅敷地内にある枯れてしまった目通り290㎝のケヤキの伐採の依頼がありました。

6年程前に他業者が初夏の既に時期の悪い時に強剪定を実施し、その後すぐに芽吹き返したものの翌年には枯れてしまい、今日までそのままになっていました。

当社が神社の強剪定を秋以降に実施していたことを承知していたにも関わらず半ば強行して初夏に施工してしまい、結果的には枯らしてしまったような形になっていました。

強剪定の際には裏の市道を片側通行規制により高所作業車を使用して施工したそうですが、根元から伐採するためにはラフタークレーンを使用する必要があり、この場合では通行止め許可を申請する必要がありました。

依頼人様の敷地内からは重機や車両を接近させることができず、市道の通行止め手続きが容易ではないために伐採できず、枯れてから5年も放置されていました。

ケヤキは前から道路側へ傾いて立っていたので、万が一の倒木、大風による落下枝を危惧して伐採する意向はあったものの前に進むことができなかったそうです。

この度、神社の剪定作業のご依頼と同時に本件の相談を受け、丁度隣地が造成にかかるとのこともお聞きしたので、隣地の常口通路にクレーン設置して道路を使用せずに作業できる見込みが立ちました。

家屋解体・造成着工前に伐採へ取り掛かれば、隣地のアスファルト舗装がある状態で車両を搬入でき、道路陥没等が発生した場合でも現状復帰する必要が無かったので非常に効率的でした。

11月中旬に造成工事の日程が判明し、25日から解体工事が開始されるとのことで地主様の出入り等の都合上、通路使用は22~24日の間に限られてしまいました。

当初は他方でケヤキの伐採を予定していましたが、先方の都合上どうしても日程を先延ばしすることができなかったので、予定を変更して当現場を優先し実施することになりました。

造成業者側の都合で予定が直近に判明したことでクレーンの予約が上手くいかず、22日は雨天予報、24日はクレーンの手配がどうやっても付かず、23日でなんとか手配してもらい施工できる段取りとなりました。

枯れてから5年も放置されており樹上の腐食状況等がわからないため、胴切を含め可能な限り樹上作業の時間を無くすべく25tクレーンを使用し、胴木は全幹状態で吊り伐りすることにしました。

通常はアスファルト舗装を破損させないようミニラフターの使用、または敷鉄板で養生して25tクレーンを搬入すべきですが、造成工事中にアスファルトが剥がされるため破損の際の責任がありませんでした。

朝より当社車両を隣地の庭へ搬入後は25tクレーンを無養生で常口通路の入口へ搬入し、現状では陥没等が発生することなく入口にクレーンを設置しました。

枝は太枝が残っているのみで幸いにも白太だけが腐食している状況で、ある程度強度を保っていたので1時間程度で問題なく枝下ろしを終了しました。

太枝等は分家の方が薪として使用するとのことで、幹以外の伐採発生材は短く伐れば全て依頼人様の敷地内に残置してもよいことになっていました。

休憩を挟み、25tクレーンを使用する大きな目的とした胴木の全幹吊り伐りを実施し、胴木を隣地通路上へ吊り倒しました。

ご依頼の段階より伐採材の一部は製材して利用したいとの意向により、依頼人様立ち合いの下で胴木を確認しながら製材の打ち合わせをしました。

ご予算の都合等で2番玉の3m材で75㎜板を製材することが大筋で決定し、元木の6m材は当社が買取して伐採費から値引いて引取することも決定しました。

午前中で伐採材の積込まで完了してクレーンを搬出して通路を解放し、午後一番で清掃作業をして全作業を終了しました。

伐採材は当社貯木場へ搬入し、2番玉伐採材は後日製材して返却する予定です。

2021112322658.JPG

伐採木

202111232278.JPG

クレーン設置

2021112322719.JPG

枝吊り伐り

2021112322729.JPG

枝払い・薪作り

2021112322754.JPG

最終枝吊り伐り

202111232286.JPG

元伐り

202111232290.JPG

胴木吊り出し

2021112322850.JPG

造材・玉切

2021112322832.JPG

玉切後伐採材

2021112322841.JPG

伐採材積込

 

東京都青梅市 民家裏のケヤキ大木、モミ大木の枝下ろし

令和3年11月14、21日実施

青梅市の造園業者様より、同市内のお客様の自宅裏と川との間にある目通り320㎝のケヤキの枝下ろしの依頼がありました。

隣家よる一週間に一回のクレーム、隣接住宅の売買に伴う落葉によるマイナス査定回避目的のクレームにより早急に施工して欲しいとのことでした。

以前より青梅市の他の造園業者様等からも当現場の施工可否の相談は受けておりましたが、具体的な段階までにはどれも至っておりませんでした。

11月上旬にご依頼をいただいて現調し、来年であれば施工する業者がいるとのことでしたが、今すぐに対応して欲しいとの強い要望で早急な着工となりました。

作業においてクレーンを使用する際、依頼人様の敷地でもある駐車場から家跨ぎ、または裏の川を隔てた市道からの川跨ぎの2通りありましたが、枝下ろしのため依頼人様敷地側からの作業で十分でした。

駐車場からの施工の場合、平日と土曜日は営業で使用しているため作業は必ず日曜日または祝日かつ発生材及び機材の当日撤去は必須条件でした。

また、路面の問題から無養生ではミニラフターでの作業が望ましく、家跨ぎのためクレームオペレーターから空師の姿を目視できる範囲が限られており1日での施工は困難であると判断しました。

早急に着工する代わりに駐車場使用で2週に渡る作業をご了解いただき、当社の予定及びクレーンの予約状況等から早急な施工には14、21日しか空いていなかったので、ご依頼より5日でのスピード着工となりました。

造園業者様には直前に近所の挨拶回りをご協力いただき、日曜作業のため当日は8時半よりクレーン設置、概ね9時より樹上作業開始としました。

作業には駐車場へ13tクレーンを搬入し、家跨ぎで作業半径が平均で20mとなるため終始ジブ2段拡張となりました。

枝下ろしの度合いは二十数年前に実施したレベルまで再度強剪定し、特にクレームの入っている側の枝は短く伐って欲しいとのことでした。

駐車場内はクレーンの他、運搬車両等5台も持ち込んでいるため狭くなっており、吊り下ろした枝はすぐさま枝払いして細枝と太枝へ分けて集積しました。

作業中は車両の出入りが不可となるため、帰り荷で発生材を全て搬出するように細枝はチップ化してダンプへ積み込み、それ以外の太枝等は全て薪材として採りました。

駐車場内は半分以上の面積を車両で占めているため枝払い作業場所も狭く、クレーンの作業能力的にも枝を大きい状態で吊り伐りできないので、比較的小さい状態で吊り下ろしました。

夕方にはジブ格納とクレーン搬出、積込、駐車場の清掃作業があるため14時半には樹上作業を終了し、日曜のため16時には撤収を完了しました。

当初予定のケヤキ大木は初日で7割以上の枝下ろしを終了しているため、翌週の作業時にケヤキの枝下ろしが終了次第、隣の目通り320㎝のモミ大木の梢端芯止めと枯れ枝除去をすることになりました。

21日の作業では14日の作業と同様に朝は9時開始として、午前で残りのケヤキ枝下ろしと発生材処理を終了し、午後からモミの剪定作業に取り掛かりました。

モミの梢端は上部途中から二又に分かれていることが分かっており、その二又から上を伐り下ろして欲しいとのことでした。

その二又を付け根から1回で吊り伐ることが難しかったので、片方の梢端を2回に分けて合計4回で吊り伐りして芯止め作業を終了しました。

他に目立つ枯れ枝を降下しながら切除して追加の作業も終了し、14日と同様に14時半までには樹上作業が完了してその後は駐車場の原状復帰をして全作業を終了しました。

20211121231440.JPG

伐採木

20211121231450.JPG

ケヤキ枝吊り伐り①

2021112123153.JPG

枝払い作業

20211121231516.JPG

枝葉粉砕積込作業

20211121231615.JPG

ケヤキ枝吊り伐り②

20211121231529.JPG

ケヤキ枝吊り伐り③

20211121231539.JPG

伐採材(太枝薪材)

20211121231547.JPG

モミ梢端吊り伐り

20211121231556.JPG

モミ芯止め

2021112123165.JPG

施工後

 

東京都清瀬市 屋敷内のシイの伐採

令和3年11月13日実施

今年3月に清瀬市で長尺ケヤキを伐採したお客様の向かい側にお住まいのお客様より、自宅屋敷内にある目通り210㎝のシイの伐採の依頼がありました。

大きくなってしまったことや、樹冠内に2軒分の引き込み電線や電話線が取り込まれて絡んでいるとのことで伐採したいとのことでした。

伐採木は市道に面した自宅敷地内の裏庭の端にあって、周囲はブロック塀や建物等に囲まれた位置に立っていました。

樹高は10m程度と高くはなく、ユニック車でも伐採可能なサイズでしたが塀の中のため車両を木のすぐそばへ接近させることができませんでした。

幸いにも敷地内へ通じる常口通路の近くにシイが立っていること、入口付近が隅切りで多少広くなっていることからミニラフターを設置することが可能でした。

作業中は常口及び通路が出入不可となること、依頼人様側で身内の方が出入不可では営業上支障をきたす曜日があるとのことで、曜日一部指定で迅速に作業する必要がありました。

依頼人様より常口通路のうち、水道管工事により掘り返して再舗装した上は地盤が柔らかい可能性があるとのことで、クレーンが通る場所は敷板等での養生を申し付けられていました。

ミニラフターのため厚ベニヤや矢板の敷設で十分で、朝の作業前に要所へ敷き詰めて12tクレーンを搬入しました。

他業者によると、通路を車両が出入りする庭までの40m程の区間を敷鉄板による養生が必須であるとのことで、その経費だけでも大きなものでした。

当初の予定通りに常口にクレーンを設置し、伐採材は長い通路を利用して適宜荷下ろしして枝払い作業等を行い、中庭に近い側で枝葉をチップ化しました。

依頼人様は農家であるためチップは畑で使うとのことで、依頼人様の軽トラダンプへ排出して満杯になると畑へ運搬していました。

4本の電線類が枝葉の中に絡み込んでおり、吊り伐り後に枝が暴れて断線させないように注意しながら枝を吊り伐りしました。

電線が絡んでいることや常緑樹で枝が多いため枝下ろしで午前一杯かかり、午後一で幹の伐採に取り掛かりました。

根張りに細い鉄パイプが巻き込まれていることを確認したため、撤去したのち地面に近い位置で鋸入れしましたが異物を伐ってしまったので、依頼人様了承の下で高めの位置で元伐りしました。

切り株が高めで萌芽の可能性があるため除草剤注入等の処置をアドバイスし、伐採作業を終了しました。

枝葉チップは軽トラダンプで2台半程度排出し、太めの枝は薪用材として幹はチップ材として当社が全て無償で引き取り、1日で全て引き上げて全作業を終了しました。

20211116212018.JPG

伐採木

20211116212029.JPG

枝吊り伐り

20211116212211.JPG

太枝吊り伐り

20211116212044.JPG

枝払い作業

20211116212054.JPG

枝葉粉砕積込作業

2021111621215.JPG

2番玉胴切

20211116212117.JPG

元伐り

20211116212126.JPG

元木吊り倒し

20211116212152.JPG

胴木伐採材等

2021111621221.JPG

太枝薪材

 

埼玉県入間市 屋敷内のケヤキ大木等4本の買取伐採

令和3年11月5、6日実施

サーバー障害により更新が止まっておりましたが、11月分より更新を再開いたしました。

地元入間市の近所にお住まいのお客様より、自宅屋敷内にある目通り300cmのケヤキ大木1本、細ケヤキ1本、ヒノキ1本、スギ1本の伐採の依頼がありました。

最初の強剪定を含め3回の枝下ろしを当社で施工しておりましたが、落葉による度重なる近隣からのクレームにより今回は根元から伐採することになってしまいました。

ケヤキ大木は依頼人様敷地の一番奥の角に立っており、周囲は母屋と隣家に囲まれた非常に狭い裏庭の奥にありました。

最初の強剪定時には母屋の脇から25tクレーンで、以降の剪定時はケヤキの前までユニック車等を入れての作業でしたが、今回は根元からの伐採となるためクレーンをケヤキに近い位置へ設置する必要がありました。

ケヤキが北側へ傾いているので根曲がりしているものの胴木は6m弱を節無しで採れ、6m材で搬出できれば引き合いのある材に適合するものでした。

しかしながら依頼人様敷地へ入る私道は石垣等があって狭く、ケヤキへアプローチする裏庭も非常に狭くて、重機はミニラフターも満足には使用できる状況ではありませんでした。

以前より当社で手入れをし、これだけのケヤキをぶつ切りにする訳にいかないことを十分承知していましたので、6m材として何としても伐出するようにしました。

裏庭には井戸、浄化槽や上下水の配管が埋設してあり、車両の出入りが一切ないので特にその上へ敷鉄板を事前に敷設し、それ以外は敷板等を敷いて13tクレーンを可能な限りケヤキの前まで搬入しました。

まずは裏庭への入口付近にある細ケヤキの剪定から開始し、1時間弱で終了した後はメインのケヤキ大木の枝下ろしに取り掛かりました。

枝葉は現地で粉砕し、依頼人様は農家のためチップは畑で使いたいとのことで、依頼人様のトラックへ直接排出して処理しました。

昼までにケヤキ大木は7割以上の枝下ろしを終了し、午後は残りの枝下ろしと太枝の伐採、最初に剪定したケヤキが根元からの伐採となったので施工し、それぞれの伐採材を積み込んで初日の作業を終了しました。

2日目はケヤキ大木の胴木伐出と、その脇に立っていたヒノキ、追加となったスギ1本の伐採、鉄板類の撤去となっていました。

まずはヒノキから伐採し、終了後はケヤキの胴木伐採と長材搬出に向けての段取りして、メインの胴木伐採を開始しました。

胴木を吊り伐りすることは特段難しくはないものの、吊り伐り後の胴木吊り倒しと搬出が難しい作業となりました。

アウトリガーを全て張り出すスペースが無い程裏庭は狭く、伐採材は全てクレーンの後部通路へ吊り下ろす必要があり、重量物をそのまま後ろへ吊り倒すことは不可能でした。

そこで、当初より予定していた小型ベースの回送車を複数回ハンドル切り返しを経て裏庭へ搬入し、ケヤキの根元を荷台に架けた状態でトラックを前進させながら荷台の上に吊り倒しました。

その後は胴木を多少クレーンで浮かせた状態でトラックをバックしてケヤキをスライドさせて積込を完了し、小出し運搬の準備も完了しました。

ケヤキが載ってフロントが浮き気味の状態でハンドルが思うように切れず、最後は母屋の犬走りを養生して短絡コースで裏庭から脱出しました。

追加として依頼されていたスギ1本を昼前までに伐採し、その伐採材もケヤキやヒノキと一緒に積んで午後一で現場内から搬出しました。

大型車両が現場内へ進入できないため現状で一旦搬出し、その後は当社の原木専用運搬車へ積替えを実施しました。

ケヤキ大木のみの伐採であれば1日の作業で十分可能でしたが、長材での搬出作業に時間が掛かることや他の立木も同時に伐採を依頼されていたことで2日間の作業としていました。

このため、ケヤキは買取りさせていただきましたが伐採費を相殺するまでには至らず、伐採総工費より値引きでの対応となりました。

2m材等の短幹材伐出となった場合にはケヤキの価値を考慮できない上、工期的にも変わらないため結果的に困難な作業でも当社では長材で搬出した方が安く作業ができ、価値ある木を無駄にすることがありませんでした。

20211115205052.JPG

伐採木(目通り300㎝ケヤキ)

2021111520513.JPG

クレーン搬入

20211115205114.JPG

萌芽枝吊り伐り

20211115205123.JPG

太枝吊り伐り

20211115205136.JPG

元伐り

20211115205146.JPG

胴木吊り出し

20211115205227.JPG

胴木吊り倒し

2021111520520.JPG

小出し搬出(裏庭通路搬出)

2021111520529.JPG

一時搬出完了

20211115205218.JPG

小出し搬出(常口通路搬出)

 

ページ上部へ