ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>施工事例>東京都西東京市 屋敷内のケヤキ大木等6本の買取伐採(2)
施工事例

東京都西東京市 屋敷内のケヤキ大木等6本の買取伐採(2)

令和2年9月30日実施

西東京市でのケヤキ伐採の続き記事です。

昨日は16tクレーンで可能な範囲を全て伐採し、本日は13tクレーンに機種を変更して母屋に近い位置にあるケヤキ2本とカシ1本を伐採するだけになっていました。

昨日伐採した目通り310㎝ケヤキと以前に倒木した目通り300㎝超ケヤキの間の通路を跨いでクレーンを中庭へ搬入しました。

クレーンを可能な限り伐採木に接近させ、目通り150㎝ケヤキは枝付きの全木状態で吊り伐りして伐採しました。

続けて目通り230㎝ケヤキの伐採に取り掛かり、クレーンの作業能力から一旦中段切りする必要があるので、幹の状態を確認するために萌芽枝を伐り落としました。

胴切位置を確定して胴木を2分割で伐採し、休憩を挟んでカシも全木状態で吊り伐りして所定の伐採作業を終了しました。

本日は伐採材を2台搬出する必要があるので、すぐさま伐採した材を積み込んで当社貯木場まで1台目を搬出しました。

昼休憩を挟んでトラックが戻るまでの間、伐採枝の積込、現場内の清掃、残す細ケヤキの剪定をして2台目の伐採材を積み込み完了と同時に撤収できるように待機しました。

14時半前にトラックが戻り、昨日伐採した目通り310㎝ケヤキの胴木伐採材2本を積み込みました。

最終的な清掃と確認をするためトラックとクレーンを搬出して、最終確認後残りも撤収して15時半過ぎに全作業を終了しました。

202093022141.JPG

クレーン搬入

2020930221413.JPG

目通り150㎝ケヤキ全木吊り伐り

2020930221426.JPG

目通り230㎝ケヤキ2番玉胴切

2020930221437.JPG

目通り230㎝ケヤキ元伐り

2020930221448.JPG

目通り230㎝ケヤキ元木吊り出し

202093022151.JPG

目通り230㎝ケヤキ元木吊り倒し

2020930221514.JPG

伐採材(目通り230㎝、150㎝ケヤキ+他)

2020930221529.JPG

目通り310㎝ケヤキ伐採材積込

2020930221552.JPG

伐採材(目通り310㎝ケヤキ胴木)

2020930221540.JPG

施工後

先週より今シーズンの伐採を開始し、例年通り既に多数の伐採のご依頼をいただいております。

今年は大型の台風が首都圏を直撃していないので倒木処理に追われることはありませんでしたが、台風での倒木や落下枝が怖いとのことや心配だといったご相談が年々増えております。

今回の伐採をもってお客様の敷地にはシンボル的な大木が無くなってしまいましたが、ケヤキの伐採時期を前倒して台風が襲来する前に施工できたことで大変喜ばれておりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yamato-masuoka.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/197

ページ上部へ