ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2020年4月

2020年4月

埼玉県川越市 屋敷内のケヤキ大木の枝下ろし

令和2年4月26日実施

現社長の地元の同級生より、川越市にお住まいの親戚のお客様から屋敷の裏にある目通り360㎝のケヤキ大木の枝下ろしの依頼がありました。

ケヤキのすぐ裏に新築の建売住宅が間もなく建設されることや枝が電線に接触寸前であることから、昨年より伐採を検討していました。

目通り360㎝あるもののこの手のケヤキの需要はほとんど無く、搬出条件は良くても幹が途中で曲がっているため1本物としての価値が低く、樹齢が100年程度と若いケヤキでした。

これらからケヤキを買取りしてもクレーン代の値引き程度の価値しか付けることができず、根元から伐採するには搬出も含め1日では終わらないため費用面でも依頼人様の負担が大きくなる見込みとなっていました。

ケヤキ自体は後程建てられる建売住宅へ当面の間落葉で迷惑をかけることなく、かつ電線への接触が避けられれば良いとのことで、費用面から1日の作業で枝下ろしのみとなりました。

伐採の見積は2月中に通知済みで、作業を決断されたのが4月中旬と枝下ろしには既に時期が悪くなってからでした。

施工時期としては既に悪くなっており、万が一枯れる可能性もお伝えした上で建売住宅を販売する側からのクレームもあって、やむを得ないとのことで実施することになりました。

木のためには少しでも早くしてやりたいという当社の考えと、最速で施工できる日が26日の日曜日しか空いていなかったことから、今週も日曜に捻じ込む形で作業することにしました。

作業の条件として、隣接する月極駐車場を半面お借りしてクレーンの設置スペースや荷下ろしスペース、その他車両の駐車スペースを確保した上で作業することとしました。

作業が枝下ろしのみのため13tクレーンを手配し、樹高がそれなりに高いのでジブ2段拡張で対応することにしました。

一度も枝下ろしをしたことのない野木のため吊り伐りが容易で、広い荷下ろし場所を確保していたので樹上も地上も手がほとんど止まることなく作業が進みました。

途中、カラスの巣に3羽のヒナが居ることが分かり、吊り伐りすると落下してしまうので巣ごと救出に向かって一旦地上へ下ろすことがありました。

若い木のため枝数が多い状況でしたが、1つの太枝を大きい状態で吊り下ろすことが可能であったので半日でほとんどの枝を取り払い、13時半にはクレーン作業が終了しました。

枝葉等の伐採発生材は搬出処分せず、敷地の中に積み上げておいてよいことになっていました。

当初は太枝も含め発生材は全て敷地内に残置することになっていましたが、翌日にチップ工場方面への定期運搬便があるので、その行き荷とするために無償で太枝のみを引き取りました。

救出したカラスの巣を今度はそのままケヤキの二又部へ上げ直し、太枝チップ材をユンボで積み込んで、お借りした駐車場を清掃して14時半までには全作業を終了しました。

2020426213126.JPG

伐採木

2020426213137.JPG

枝吊り伐り(序盤)

2020426213148.JPG

枝吊り伐り(電線被り枝)

202042621322.JPG

枝吊り伐り(中盤)

2020426213235.JPG

救出カラス

2020426213246.JPG

枝吊り伐り(終盤)

2020426213214.JPG

太枝パルプ材

2020426213224.JPG

施工後

今後は同業者間の丸太運送や木材配送、その他伐採の現調等が多数入っているため連休中もある程度稼働予定で、連休明けはさいたま市へ2現場両者3日間ずつの予定でクレーン伐採が入っています。

また、5月中旬は近年で恒例となっている群馬県の大手ゼネコンのグループ会社より法面の伐採工事や、昨年施工したメガソーラー関連の伐採で今度は3000㎡強の山林伐採等も控えています。

例年では連休明けの伐採依頼は繁忙期に比べると相当減り、業務内容も伐採から木材流通関連に変わって行きますが、今年は例年以上に伐採依頼が溜まって入梅頃まで現場作業が続く見込みです。
 

埼玉県三芳町 屋敷内のケヤキ3本等の伐採

令和2年4月11、19日実施

三芳町の空師さんより、同町内にお住まいのお客様の自宅屋敷内にある目通り220cm、190cm、140cmのケヤキ3本の伐採と他ケヤキ数本の枝下ろしの依頼がありました。

伐採するケヤキ3本に面する側の住民より町役場を経由して落葉のクレームが入っており、早い時期に伐採して欲しいとのことでした。

3月下旬に空師さんへ依頼が入ったものの、4月になると本業の農作業が始まって人手が足りない状況となるため、当社へ伐採の応援要請がありました。

伐採する3本の他に自宅母屋や納屋へ被ったケヤキの枝下ろしや剪定も同時に依頼されているため、既に時期としては遅いものの可能な限り早急に実施することにしました。

伐採するケヤキ3本は敷地南側に隣接する郵便局の駐車場に面しており、幹を伐出するにはクレーンを駐車場へ設置する必要があるため、郵便局が休業の土日に作業が限られていました。

土曜日は午前のみ郵便局のATMが稼働している都合上、午後しか駐車場を使用できないので午前は自宅敷地内から作業する必要がありました。

当初は土曜日終日で駐車場を使用可と聞いていたので、最速で実施可能な11日を作業日として指定していましたが、半日しか駐車場側で作業できないことが前日に判明しました。

所定の依頼では2日間の作業を予定していたので、14日に実施予定だった枝下ろしや剪定を11日午前に施工し、午後は駐車場へ移動して作業することにしました。

14日に予定していた作業2日目を18日土曜日に延期し、午前は同様に敷地内から作業して午後は駐車場へ移動して残りを伐採することにしました。

11日は朝より自宅敷地内へ13tクレーンを搬入して母屋と納屋に被ったケヤキの枝を吊り伐りして、午後は駐車場から目通り190㎝と140㎝ケヤキを伐採しました。

運搬車両の関係上、目通り190㎝ケヤキの元木6m材のみを敷地内へ吊り倒したまま搬出せずに放置して初日の作業を終了しました。

18日は雨天予報のため翌日19日に延期し、日曜日は郵便局のATMが終日休止となるので朝から駐車場へ13tクレーンを搬入して目通り220㎝ケヤキの伐採から再開しました。

目通り220㎝ケヤキは元請の空師さんが以前に枝下ろしをしているので細い萌芽枝だけとなっており、枝を全て取り払ってから胴木は4分割にして吊り伐りしました。

このケヤキは木が小さかった頃にブロック塀を設置したので今では生長して塀を押すようになっており、あと数年放置すると塀が崩壊してしまう状況でもありました。

依頼人様は落葉対策として木が無くなれば良く、伐り易いようにブロック塀と同じ高さで伐採しても良いとのことでしたが、木がもったいので可能な限り根元から伐採しました。

所定の作業ではこの目通り220㎝ケヤキの伐採で終了でしたが、時間が大幅に余っていたので他のケヤキの軽い剪定やヒマラヤスギ小径木4本の伐採等、夕方まで作業を続けました。

空師さんが立会いの下、いつものように共同作業をしてユンボとダンプを持ち込みで枝葉の搬出処分を担当し、伐採材は帰り荷として当社で引き取りました。

目通り220㎝と190㎝ケヤキの伐採材はサイズ的に売れ筋の材で、今回は6m材や4m材で良い材が採れましたが、伐採時期が遅いことと感染症蔓延による需要の大幅減により無償引き取りとなりました。

伐採と片付を同時並行して行っているため、伐採材および発生材搬出は流れ作業のように残すことなく全て当日中に搬出を完了しました。

この伐採現場と並行して工期が厳しくない山林伐採を施工しているため、今回のような曜日指定の現場には優先的に対応させていただきました。

2020419224254.JPG

伐採木(左から目通り140㎝、190㎝、220㎝)

202041922438.JPG

目通り190㎝ケヤキ元木伐採材(11日)

2020419224321.JPG

目通り220㎝ケヤキ萌芽枝吊り伐り(19日)

2020419224331.JPG

目通り220㎝ケヤキ枝吊り伐り(19日)

2020419224348.JPG

目通り220㎝ケヤキ3番玉胴切(19日)

202041922441.JPG

目通り220㎝ケヤキ2番玉胴切(19日)

2020419224441.JPG

目通り220㎝ケヤキ元伐り(19日)

2020419224450.JPG

目通り220㎝ケヤキ元木吊り倒し

2020419224420.JPG

伐採材

2020419224430.JPG

施工後

 

埼玉県東秩父村 屋敷内のケヤキの伐採

令和2年4月4日実施

東秩父村にお住まいのお客様より、村内にある実家の敷地内にある目通り230㎝のケヤキの伐採の依頼がありました。

現在、空き家となっている実家の管理が行き届かなくなる前に処分したいとのことで、この度伐採することになりました。

ケヤキは実家の母屋と隣家の離れ屋との間に立っており、以前に枝下ろしをして枝張りは小さくなっているもののそのまま倒すことはできませんでした。

隣家の離れ屋に近いため雨どいが詰まって常に迷惑をかけており、以前は幹を伐採するつもりが無かったので枝だけを剪定して対策していました。

気候的に寒い地域のため、4月1日に現調した時点ではすぐに芽吹くような気配は感じられず、当社の地元地域と比較すると1ヶ月以上遅い感じがしていました。

今年は暖冬の影響で芽吹きが例年より2週間以上早く、地元のケヤキは3月下旬の時点で既に薄っすら黄緑色に芽吹いている状況でした。

県内の平野部では3月に伐採したケヤキでは水分を多く含んでおり、用材としての利用価値が秋に伐採した材より落ちる状況ですが、このケヤキはそのような感じが見られませんでした。

通常、当社では価値のあるケヤキを伐採する際は秋以降まで待っていただくことが多いですが、このケヤキはそのような必要がありませんでした。

しかし、可能な限り早い時期に伐採する必要があるため、現在進行中の山林伐採を一時中断して、最速でクレーンを手配できた本日4日に伐採することにしました。

今月は山林伐採がメインとなっており工期などの制約がほとんど無いので、合間を縫って天気が良くクレーンを手配できる日にクレーン伐採を行うようにしています。

伐採には隣家様の庭をお借りしてクレーンを搬入し、離れ屋を跨いで吊り伐りする必要がありましたが、現場手前の橋の耐久性に不信感があったので25tクレーンの搬入には気が引けていました。

木の曲がり状況から無理に6m以上の長尺材を採る必要が無かったので、万が一も想定して16tクレーンを使用し、元木は最低4m材で伐出することにしました。

大きさ的に売れ筋であること、直材の4m材を2本採れることから価値を付けることが可能であったので、買取して伐採費用を値引かせていただくことができました。

朝より隣家様の庭へ16tクレーンを搬入し、クレーン設置後は萌芽枝を伐り下ろして幹だけの状態にしました。

全幹状態になったところで胴切位置を確定し、元木と2番玉が4m材となるようにしてそれぞれ胴切して吊り出しました。

材の長さを少しでも採れるように根元を掘り下げて元伐りしたところ、根張りの間に石が巻き込んでおり、刃が切れなくなった上に大きな食い違いが発生していて倒れないトラブルに見舞われました。

16tクレーンの作業能力的に元木4m材を吊り出すことが限界で30分も悪戦苦闘の上、ギリギリの重量で元木を吊り出しました。

伐採材は水分が染み出てくるような気配はなく、木口を触っても冬に伐った材と変わらないくらい乾いていて、4月に伐採した埼玉県産のケヤキとはとても思えませんでした。

枝等は依頼人様が処分するとのことで敷地内に残置することができたので、ケヤキを全額買い上げることはできなかったものの、小さい13tクレーン相当の費用のみをご負担いただいて作業しました。

午後は地元へ戻り、現在進行中の入間市内での山林伐採で枝取りを必要とする伐採木を伐採するため、クレーンと共に移動して山林伐採を再開しました。

202045222847.JPG

伐採木

202045222859.JPG

クレーン搬入(橋通過)

202045222916.JPG

クレーン設置

202045222928.JPG

萌芽枝吊り伐り

202045222946.JPG

3番玉胴切

202045222959.JPG

2番玉胴切

202045223116.JPG

元伐り

202045223040.JPG

元木吊り出し

202045223016.JPG

元木伐採材

202045223026.JPG

伐採材

 

ページ上部へ