ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2019年3月

2019年3月

埼玉県桶川市 医院敷地内の庭木の伐採及び剪定

平成31年3月21~23日実施

当社HPをご覧になった桶川市のお客様より、お父様が開業されている自宅兼医院の敷地内にある庭木類の伐採及び剪定の依頼がありました。

桶川市内の中山道に面して近隣には古い街並みが残る地域で、現場の隣にはビルが建つ等した市内中心部のため樹木の落葉等で近隣へ迷惑を掛けていたことで伐採することになりました。

ビル側との境にはイチョウが5本立っていて秋には落葉が凄く、反対側には大手レンタカー会社の営業所があって、その境にあるモクセイの花が落ちる際にレンタカーを毎年のように汚していたそうでした。

依頼人様のお母様が庭を管理していましたがイチョウはどんどん大きくなり、ほかの植木の手入れも高齢で管理が難しくなったため一部の木は剪定して残し、近隣に迷惑を掛けている庭木は全て伐採することにしました。

低木類を除いて主な伐採木はビル側にイチョウ1株2本、モチノキ1株5本、レンタカー会社側にモチノキ2本、モクセイ1株、医院建物脇にイチョウ3本がありました。

このほかに剪定木として八重桜、モミジ、ギンモクセイを軽く剪定して残し、低木のツバキは手を加えずにそのまま残して欲しいとのことでした。

昨年10月にご依頼を受けて訪問し、伐採工期が3日で重機搬出が伐採終了後の翌日午前中と提示したところ、依頼人様のご希望で医院の診療への支障が最小限となるように土日を挟むようにして欲しいとのことでした。

当時のご希望で2月末の土曜日~火曜日の間で施工して欲しいとのことで予定していましたが雨天で中止となり、3月1週目の土曜日着工の予備期間も雨天で中止となったため、改めて工事期間を設定することになりました。

丁度、21日の春分の日に着工すると遅くとも24日の日曜日までには終了することから、1週間毎の順延ではなくこの期間に施工して欲しいと依頼人様よりご希望があって優先して予定を組みました。

医院の駐車場を利用不可としても医院自体は開いた状態で作業するため、21日、23日午後、24日が休診日となって診療への支障を一番最小限にすることができました。

21日より12tクレーンを搬入してビル側のイチョウ1株と医院建物脇のイチョウ2本の枝下ろし、ビル側のモチノキ1株の伐採、低木類の伐採や八重桜とモミジの剪定をしました。

伐採木にクレーンを接近させることが可能で、吊り伐りする木がイチョウとモチノキで比重が軽い樹種のため太い枝1本単位で吊り伐りしました。

作業する駐車場は決して広い場所ではなく、枝の仮置き場は立木1本単位でほぼ一杯となるため、伐採を中断して定期的に枝の片付けや積込みも行いました。

車両の持ち込み過ぎは作業の大きな支障となるため、初日は軽トラと軽バンとローダーダンプのコンパクトな配車で、帰り荷としてダンプ1台分の発生材を搬出して作業を終了しました。

22日はクレーンは搬入せずにレンタカー会社側のモチノキ2本とモクセイの伐採、自宅側にあるギンモクセイの剪定、発生材の搬出をしました。

2日目はクレーンを必要としない庭木の伐採や剪定をメインとして、3日目にクレーンで伐採する庭木以外は全て伐採しました。

クレーンがいないため駐車場を広く使える分ダンプを2台搬入して、昨日積み残した発生材や今日の発生材をほとんど積込んで帰り荷として搬出しました。

23日は再度12tクレーンを搬入し、昨日までに残したビル側のイチョウ1株と医院建物脇のイチョウ2本の胴木伐採、医院建物脇のイチョウで21日に手を付けなかった1本の伐採と伐採材と発生材の搬出をしました。

伐採材をクレーンで積込みするため今日は原木運搬トラック、ダンプ、軽トラと軽バンの4台を搬入しているため、現場内は車の身動きが取れない状況になりました。

ビル側の根元から2本に分岐したイチョウ1株を伐採する際は、常口に近い位置へ伐採材を吊り倒すために運搬トラックは時間差で現場入りするようにしました。

全幹状態で1本ずつ吊り倒してからそれぞれ2分割に玉切り、伐採後は医院建物脇のイチョウを伐採するようにクレーンを建物に近い位置へ移動してから伐採を再開しました。

昼までに全ての伐採と伐採材の積込みが完了し、午後一番に運搬用トラックとクレーンを搬出して現場内を広く開放して、発生材の積込みや駐車場の原状復帰清掃作業を行いました。

当初の予想通りに4日目の重機搬出と少量の発生材搬出が残ったため、翌日の日曜日に両者を回収して全作業を終了します。

2019324235555.JPG

伐採木及び現場全景

2019324235610.JPG

ビル脇イチョウ萌芽枝吊り伐り(21日)

2019324235625.JPG

ビル側モチノキ全木吊り伐り(21日)

2019324235640.JPG

ビル脇イチョウ右株元伐り(23日)

2019324235659.JPG

ビル脇イチョウ左株吊り倒し(23日)

2019324235712.JPG

建物脇イチョウ3本目萌芽枝吊り伐り(23日)

2019324235754.JPG

建物脇イチョウ1本目元伐り(23日)

201932423586.JPG

建物脇イチョウ3本目元伐り(23日)

2019324235729.JPG

伐採材

2019324235740.JPG

施工後

 

埼玉県さいたま市南区 屋敷内のカシ、ケヤキ、マツ2本の伐採

平成31年3月8、9日実施

当社HPをご覧になったさいたま市のお客様より、自宅屋敷内にあるカシ、ケヤキ、アカマツ、クロマツの伐採の依頼がありました。

敷地の西側にあるカシの落葉で、隣家から対処するように忠告されてしまったことから伐採することになりました。

以前は依頼人様が登って剪定をしていましたが、高齢であることから木に登ることを自粛しており、今後のことも考慮してカシの隣にあるケヤキや常口の脇にあるマツ2本も同時に伐採したいとのことでした。

当社の前に県内の業者で伐採の見積を取っていましたが、その業者は見積書の送付が音沙汰なく遅かった上に、業者の都合で伐採日を勝手に決定されたことで依頼人様が大変不信となって当社に見積の依頼をされてきました。

昨年12月上旬にご依頼を受けて訪問し、冬至までの施工が難しい場合は3月6日~16日の間に施工して欲しいとのことで、当社ではすぐに予定を調整して依頼人様のご希望に沿う形に対応しました。

カシとケヤキは敷地の西側の奥にあって、クレーンが進入できる限界点からカシまでは約16m、ケヤキまでは約12mも離れていました。

カシとケヤキの目通りはそれぞれ210cmと180cmで、クレーンを設置する周辺には植木や納屋の屋根の張り出し具合からミニラフターしか使用できず、作業能力1t以上を確保することは不可能でした。

胴木を長材で伐出する場合に、幹は植木と植木の間に倒してもよいことになっていたので、作業能力1tを確保できずとも胴木を搬出することが可能でした。

通常利用のクレーン屋さんの都合により12tクレーンは8日しか対応できないとのことで、9日は別のクレーン屋さんを利用することから10tクレーンとなるため、8日は優先的に西側のカシとケヤキから伐採することにしました。

屋敷に隣接するレンタルボックスとその駐車場は依頼人様がオーナーなので、トラック等は駐車場に停め置くことができました。

クレーンからカシまでは16mも離れているため十分な作業能力を得ることができませんでしたが、枝はさほど太くなく枝数も多くなかったことから予想よりも手間取らずに枝下ろしを終了しました。

午前のうちにカシとケヤキの枝下ろしと発生材の積込みがほぼ終了しており、午後からは胴木伐採に取り掛かりました。

ケヤキは胴木を2分割にすることで作業能力内で吊り伐りすることが可能で、カシは2番玉を能力限界の重量で胴切した後、元木は伐倒する要領で吊り伐りして胴木を廃材にぜずに伐出することができました。

8日は枝葉と太枝薪材のみをダンプ2台に積んで全て搬出し、胴木は翌日伐採するマツと一緒に積込むようにして初日の作業を終了しました。

9日は10tクレーンで初日より作業能力が下がる機種でしたが、伐採木がマツで比較的近い位置へクレーンを設置できるため10tクレーンでも作業は全く問題ありませんでした。

10tクレーンを使用するのは12t・13tクレーンが台頭してきて以来、当社では5年以上ご無沙汰で久しぶりの使用となりました。

近年はミニラフターの性能が向上し、今までは16tクレーンを用いていたような現場もミニラフターで乗り切り、3t以上の胴木を吊ったりジブ拡張したりすることが増えて12t・13tクレーンは重要度が増しています。

マツは2本とも枝下ろしから開始し、一部の枝が電線や隣接する交通量の多い市道に架かっていることから慎重に伐採しました。

胴木は両方とも約7mの高さから大きく曲っていたので曲りから上を胴切して、残った胴木7mはそのままの状態で吊り倒してから玉切しました。

昨日残したカシとケヤキの胴木類と今日伐採したマツの胴木をトラックへ積込み、枝葉等もダンプにほぼ積込んだ状態で午前の作業を終了し、午後に清掃及び機材類も全て引き上げて2日間で全作業を終了しました。

201939222622.JPG

伐採木(手前左:クロマツ、右奥:カシ)

201939222636.JPG

カシ枝吊り伐り

201939222653.JPG

カシ太枝吊り伐り

20193922276.JPG

ケヤキ2番玉胴切

201939222832.JPG

カシ2番玉胴切

201939222819.JPG

カシ元木吊り出し

201939222727.JPG

ケヤキ元木吊り出し

201939222739.JPG

アカマツ梢端吊り伐り

201939222753.JPG

クロマツ胴木吊り倒し

20193922285.JPG

伐採材

 

ページ上部へ