ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>施工事例

施工事例

埼玉県入間市 境内林のケヤキ・カシ・ムクの伐採(1)

平成28年5月26日実施

今年の1月に市内でケヤキを伐採したお客様の紹介により、その方の近所にあるお寺の住職様より寺院敷地内にあるケヤキ5本、カシ1本、ムクノキ1本の伐採の依頼がありました。

秋の落葉による近所からクレームが多数あったことにより、対象となる立木を伐採して欲しいとのことでした。

敷地西側建物脇にあるケヤキ2本、カシ1本、ムクノキ1本のうちムクノキは重機が設置できる所から30m以上離れており、ケヤキ2本も25m離れていました。

迅速に伐採するためには50t以上のクレーンを搬入する必要がありますが、そのためには入口から設置場所まで距離約70m分という大量の鉄板を敷く必要がありました。

これほどの量の鉄板を使用するよりも25tクレーンを使用し、鉄板を敷く箇所は石畳の上と設置場所周辺だけにした方が安価で済むので、時間がかかるもののこの方法で施工することにしました。

伐採した枝や幹を駐車場に吊り下ろしますが、長期間に渡り駐車場に置いておくことはできないため、伐採したと同時に搬出する必要がありました。

このため、伐採は同業の空師さんに協力を依頼して、当社では事前準備作業等(道路使用許可申請、電線等移動工事、鉄板敷設撤収)、発生材搬出処分、ケヤキの買取(値引き)をしました。

総工費自体が高額なため、ケヤキの買取は値引きとなっていますが発生材の廃棄処分料相当額を値引きさせていただきました。

本日の伐採初日はクレーンを使用せずにカシとムクノキを伐採するとのことでしたので、これに並行して当社重機の搬入及び、鉄板の搬入と敷設を行いました。

市内なので機材運搬にかかる時間が少なく午前中で準備作業は終了し、午後よりダンプ2台体制で発生材の搬出を行いました。

本日の作業終了後、建物脇にあるカシ2本の枝下ろし及び、建物裏にあるスギ3本も追加として伐採してほしいと依頼があり、工期を延長して施工することになりました。

2016527213338.JPG

敷地西側建物脇の伐採木

2016527213356.JPG

鉄板敷設

2016527213521.JPG

カシの枝切り

2016527213540.JPG

カシの2番玉胴切

2016527213645.JPG

ムクノキの4番玉胴切

2016527213630.JPG

ムクノキの元伐り

 

東京都奥多摩町 東京農大奥多摩演習林内の沢グルミの伐出(3)

平成28年5月23日実施

奥多摩町農大演習林での沢グルミ伐出の続き記事です。

先週に引き続き、本日は残りの材の搬出と架線の撤去をしました。

架線は張ったままなので、始業後は荷掛班と集材班に分かれて作業を開始しました。

集材機の不具合は先週の処置のおかげで特に問題なく作動し、4m元木材や細材4本同時を高速運転での集材にも耐えられるようになりました。

集材作業の流れは、荷掛班が架線下まで材を人力や特殊な小型ウインチを用いて集め、それらに玉掛をして架線の巻上索で空中に吊り上げます。

吊り上がった材は循環索によって元柱まで引き寄せられ、元柱まで到着すると集材班の荷外し手が材に新たにウインチ用の玉掛を行います。

元柱-先柱の位置関係上、斜面際に生えた木を元柱とする必要があったため、そのまま材を下ろすと斜面上に下りてしまうのでウインチ等で引き寄せる必要がありました。

フォワーダのグラップルが届く範囲まで林内作業車のウインチで曳き、ウインチが曳くと同時に架線の巻上索を弛めて荷下ろししました。

その後、材はグラップルで掴んでフォワーダに積み込んで満載になると林道終点から出発し、標高が約100m下の指定場所まで運搬して荷下ろししました。

伐出予定の12本の他、伐採や架線の架設にともなって支障となり伐採した材、伐出予定材の3番木・4番木…等の材も全て搬出しました。

架線集材作業および運材作業は午前中で終了し、午後からは架線の撤去作業に取り掛かりました。

撤去作業は架設作業よりも格段と容易で、2時間程度で終了しました。お借りしたワイヤと集材機は下山の際にフォワーダに積み込んで演習林施設まで運搬しました。

当社でも以前は今回のような架線を用いた伐出を多く手掛けておりましたが、現在は住宅街や都市部、屋敷林等での特殊伐採に特化しているため、山林での大規模伐出に対応した機材を持ち合わせておりません。

今回は大学(機材借用)と山師さん(索張り)の協力を得て、伐採~索張り~集材~運材~架線撤去を無事に終えることができました。

2016524211922.JPG

細材4本同時集材

2016524211937.JPG

元木太材集材

2016524212049.JPG

材到着・木寄せ用玉掛

201652421211.JPG

木寄せ

201652421252.JPG

フォワーダへの積込

2016524212450.JPG

林道終点より搬出

2016524212252.JPG

搬出4m原木丸太

201652421235.JPG

機材撤収

 

東京都奥多摩町 東京農大奥多摩演習林内の沢グルミの伐出(2)

平成28年5月20日実施

奥多摩町農大演習林での沢グルミ伐出の続き記事です。

本日は昨日に引き続き、架線本線と巻上索を架設しました。

循環索を昨日に仮張りしてあるので、それを利用して本線を張り、搬器を取り付けてエンドレスを完成したのち巻上索を張りました。

集材機は作業前の点検で始動等に問題はなかったものの、設置して使用してみるとドラムへの動力伝達が悪く、十分に性能が発揮できていませんでした。

この状況であると、太めの元木4m材の搬出が非常に困難であるという結論に至り、原因を特定してすぐさま処置をしなければならないという大きなトラブルが発生しました。

集材機は長期間使われていないこと、変速機の入りがあまり良くないことからクラッチの不具合を第一に考えたところ、どうやらクラッチが滑っているようであるとわかりました。

プロが頻繁に使用する機械であるとクラッチの摩耗が疑われますが、あまり使われていない機械であるため摩耗の可能性はほとんど考えていませんでした。

集材機メーカーに問い合わせて症状を伝えたところ、クラッチの不具合を言われましたが調整で改善する可能性があるとの回答がありました。

20年以上前の機械にも関わらず調整方法を丁寧に教えていただき、それに基づいて地道に対処したところ本来の性能を取り戻すことができました。

修復している間、本線を緊張させるために6本掛け滑車2台と4人の人力に最後はチルホールで、循環索はチルホールのみで緊張させました。

その他調整、試運転等を重ねて予定よりも3時間程遅れてエンドレスタイラー式による、本伐出作業のメイン作業に取り掛かりました。

林内での荷掛、線下までの木寄せ、集材機操作、荷外しを4人の山師さんがそれぞれ担当し、当社では荷外し後の木寄せと土場までの運材を担当しました。

沢グルミは比重が小さく、国産材ではキリに次ぐくらいに軽い材のため、架線の規模が小型ながら4m元木や短幹2本同時の集材が可能でした。

架線始動後、作業可能な約1時間の間に短幹材6本を集材して本日の作業を終了し、残りの材搬出と架線撤収を23日に行って全ての作業を終了します。

201652022623.JPG

エンドレスタイラー式架線集材

201652022638.JPG

集運材機材

201652022835.JPG

1胴1エンドレス集材機

2016520221142.JPG

架線集材

201652022822.JPG

小型集材車による木寄せ

2016520221110.JPG

フォワーダへの積込

201652022102.JPG

搬出待ち

2016520221016.JPG

土場下ろし

 

東京都奥多摩町 東京農大奥多摩演習林内の沢グルミの伐出(1)

平成28年5月19日実施

私の出身校の東京農業大学より、奥多摩町内にある奥多摩演習林から沢グルミ6本の伐出の依頼がありました。

工芸関係の方から大学に東京都産の沢グルミが欲しいという声があり、演習林内に該当する木があることから伐採して提供するということが決定したそうです。

作業内容は、伐採木1本につき元木と2番玉を各4mの長さで2本、合計12本の原木丸太を伐出して演習林の土場まで運搬するということでした。

沢グルミ林は演習林内の林道終点より等高線上に約150m奥へ入った標高約900mの斜面上にありました。

林道は2t車程度までが走行できる砂利道で、林道終点から木までは傾斜40°以上の急斜面に沿って獣道歩いていくほか手段がありません。

重機での山林伐出の際に作設される作業道も、現地は深層が岩山のため道を作りながら進むと言うこともできませんでした。

伐採作業はチルホールとチェーンソーを用いて半人力で伐倒および造材、林内からの集運材作業は車両が使える林道終点まではエンドレスタイラー式架線集材、林道終点から搬出指定場所まではフォワーダに積載して運材することとしました。

架線用ワイヤ、集材機、フォワーダ、林内作業車、小道具等は演習林の備品をお借りしました。

演習林での伐出は国内林業の特徴でもある急峻な地形での作業なうえ、今回は索張等で多くの人員を必要とするため、架線集材に手慣れた山師さんに協力を依頼しました。

前日に演習林施設から林道終点まで集材機と架線用ワイヤを予め運搬しておき、本日は昨日用意した機材とともに集材機設置と循環索の架設、伐採木の伐倒造材を行いました。

当社では大学の協力の下、機材をお借りしてそれらの準備運搬撤収、山師さんの伐出サポート、フォワーダでの運材作業を2名で担当し、山師さん5名には伐出作業に専念していただきました。

明日は架線本線および巻上索の架設を行い、集運材作業を開始します。

2016519201656.JPG

伐採木の周辺

2016519201710.JPG

林内状況と獣道

2016519201837.JPG

集材用機材

2016519201855.JPG

集材機搬入

2016519202928.JPG

伐倒作業

2016519202915.JPG

枝払作業

2016519202839.JPG

造材作業

2016519202853.JPG

元柱循環索設置作業

 

埼玉県志木市 屋敷内及び線路脇のケヤキの伐採

平成28年5月12日実施

以前当社でカシの枝下ろしを行ったお客様より、屋敷の裏にある枯れたケヤキ2本と東武東上線の線路脇にあるケヤキ1本の伐採の依頼がありました。

当初、枯れたケヤキだけの伐採ということで訪問したところ、線路脇のケヤキや他の木も伐って欲しいとのお願いがありました。

立木がある場所は東武東上線沿いの住宅街の中で、さらに屋敷内は軒の張り出し等から13tクレーンのみが入ることのできる屋敷の中にありました。

枯れたケヤキは家の裏にあって、幸いにも裏の駐車場を一時的にお借りすることができたので、迷惑を掛けないように朝一番に伐採しました。

線路脇のケヤキは周りを線路や納屋等で囲まれており、高所作業車等が接近できないので中庭にクレーンを設置して空師による伐採で行いました。

クレーンからケヤキまでは約18m離れており、13tクレーンで作業することから枝は小さく吊り伐り、胴木も2m程度で胴切する必要がありました。

また、クレーンとケヤキの間には納屋と植木があって、空師・クレーンオペレーターともに目視による意思疎通ができない状況にあるため、作業指示は全て無線でやり取りしました。

枝下ろし時、空師は細い枝の上に乗って作業を行い、玉掛は待機位置から特殊竿1本で行いました。

数本の枝が線路の上に張り出しており、万が一枝を落としてしまうと電車がストップすることは避けられません。

枝の重心、玉掛の位置、クレーンの誘導を正確に行い、1回に伐る枝の重量を300kg以内に収めて枝を一切落とすことなく枝下ろしを完了しました。

胴木は3分割で伐出し、3番玉が約700kg、2番玉と元木が約500kgで、いずれもクレーンの最大吊り上げ能力は700kgでした。

余った時間で、以前当社が枝下ろしをしたカシ4本を再度枝下ろしして欲しいと依頼がありました。

枝下ろしの最適時期を過ぎており、むやみに伐ってしまうと枯れてしまう危険性が高いので、軽く枝を間引きおよび剪定のみで終了させていただきました。

朝に伐採した枯れたケヤキは、以前芽吹きの時期に他の業者が枝下ろしをした上に、胴切までした過度な枝下ろしのため言うまでも無く枯れてしまったという状況でした。

当社で胴木のみを引き取り、枝葉は依頼人様が畑に運搬して処分するとのことでした。

201651221159.JPG

伐採木(屋敷裏立ち枯れケヤキ)

201651221242.JPG

立ち枯れケヤキ伐採後

201651221446.JPG

線路脇ケヤキ3番玉胴切

201651221743.JPG

3番玉吊り出し

201651221102.JPG

線路脇ケヤキ2番玉胴切

201651221949.JPG

2番玉胴切後

20165122193.JPG

線路脇ケヤキ元木吊り出し

201651221918.JPG

胴木積込み

 

東京都小平市 屋敷内のケヤキ古木5本の買取伐採 総集編3

見学に来られた東京農業大学林業工学研究室の学生さんが撮影した写真を総集編として掲載しています。

最後に、総集編3では4月6日に伐採した竹林手前ケヤキと、8日に伐採した竹林中間・奥側ケヤキ元木の写真(当社撮影)を掲載します。

2016412204048.JPG

枝付き3番玉胴切後

2016412204119.JPG

枝付き2番玉胴切

2016412204547.JPG

2番玉胴切後

201641220460.JPG

元伐り

2016412204927.JPG

元木吊り倒し

2016412204941.JPG

元木大腐り

写真を提供していただいた林業工学研究室の学生さんには、この場を借りてお礼申し上げます。

 

2016412205046.JPG

竹林中間ケヤキ元木

2016412205058.JPG

竹林奥側ケヤキ元木

 

東京都小平市 屋敷内のケヤキ古木5本の買取伐採 総集編2

見学に来られた東京農業大学林業工学研究室の学生さんが撮影した写真を総集編として掲載しています。

総集編2では4月6日に伐採した道路際東側ケヤキの写真を掲載します。

2016412203015.JPG

梢端吊り伐り

2016412203037.JPG

3番玉胴切

2016412203124.JPG

3番玉胴切後

2016412203138.JPG

2番玉胴切

2016412203232.JPG

2番玉胴切後

2016412203252.JPG

元伐り

2016412203335.JPG

元伐り後

2016412203348.JPG

元木丸太

 

東京都小平市 屋敷内のケヤキ古木5本の買取伐採 総集編1

見学に来られた東京農業大学森林総合科学科林業工学研究室の学生さんより、個人的に撮影した写真を頂きましたのでそれらを総集編1~3に掲載します。

これより3回にわたり、別角度からの写真を公開していきます。

まず、総集編1では4月6日に伐採した道路際西側ケヤキの写真を掲載します。

201641220162.JPG

梢端吊り伐り

2016412201616.JPG

梢端伐り離し

2016412201719.JPG

梢端吊り下ろし

2016412201736.JPG

元伐り

2016412201958.JPG

全幹吊り倒し

2016412202014.JPG

造材中での泥水吹き出し

2016412202128.JPG

爆撃跡内部大腐り

2016412202144.JPG

伐採材積込

東京都小平市 屋敷内のケヤキ古木5本の買取伐採(2)

平成28年4月8日実施

小平市でのケヤキ伐採の続き記事です。

雨のため作業を順延し、本日は残りのケヤキ2本と追加で依頼されたカシ1本を伐採しました。

ケヤキを伐採する前に中庭奥にある枯れているカシを伐採してから、竹林中間の目通り8尺のケヤキから伐採を始めました。

この木は以前の枝下ろしが激しいので、伐採直前でも枝がかなり少ない状態でした。

まずは最上部の太枝を伐り下ろし、その後は枝分かれ部に降下して4番玉の胴切を始めました。

ここまでの胴切は枝分かれ部に乗りながらできましたが、3番玉の胴切位置には枝がないので特殊胴切で伐採しました。

16tクレーンで作業しているため空師はクレーンオペと無線でこまめに連絡を取り合い、クレーンの作業能力を確認しながら伐採していきました。

3番玉を胴切し樹高8m弱まで詰めたところで、2番玉を胴切せずとも元伐りができる重量に達したのでそのまま伐木しました。

伐木後、胴木を吊り倒して元木の年輪を見たところ、数えられる限りで140年以上という年数がわかりました。

8尺クラスでこれほどの年数は珍しく、白太もほとんど無く大変良い古木でした。

元木は4m以上で造材したためフォークリフトで持ち上げても中庭まで搬出できないので、フォークリフトで曳いて搬出しました。

竹林中間のケヤキを伐採した後は、残り奥側の目通り8.3尺のケヤキの伐採を開始して二又上部の太枝を伐り下ろしました。

太枝2本を伐り下ろした後は胴木を4分割で胴切し、5番玉は枝に乗って伐り、4番玉と3番玉は特殊胴切で伐採しました。

中間のケヤキと同様に樹高8m程度まで詰めたところで元伐りし、伐り倒してから2分割造材しました。

こちらも年輪数で140年以上の古木で、2番玉には小豆杢という杢の兆候が見られ、製材すると面白い木目の出現が予想されます。

2本とも以前の過度な枝下ろしの影響から、3番玉より上は腐っている箇所が多い状態でした。

全ての伐採作業が終了し、落葉・落皮・カラスの営巣及び襲撃に悩まされることがほとんど無くなりました。

20164920417.JPG

伐採木

201649204123.JPG

4番玉胴切(竹林中間ケヤキ)

201649204246.JPG

3番玉胴切(竹林中間ケヤキ)

201649204346.JPG

3番玉胴切後(竹林中間ケヤキ)

201649204430.JPG

元伐り(竹林中間ケヤキ)

201649204443.JPG

地曳き搬出(竹林中間ケヤキ元木)

201649204547.JPG

枝吊り伐り(竹林奥側ケヤキ)

20164920461.JPG

3番玉胴切(竹林奥側ケヤキ)

201641120534.JPG

3番玉胴切後(竹林奥側ケヤキ)

2016411205333.JPG

元伐り(竹林奥側ケヤキ)

作業終了後、依頼人様より伐採した木で何か記念になるものを残したいとの希望がありました。

少し高めに伐り残した道路際東側ケヤキの切株を再度伐り出し、衝立の制作をお勧めしました。

厚さ10cm程度に伐り出した切株を製材して木口を整え、大工さんにカンナで削ってもらい後日納品させていただくこととなりました。

東京都小平市 屋敷内のケヤキ古木5本の買取伐採(1)

平成28年4月6日実施

小平市でのケヤキ伐採の続き記事です。

伐採初日は道路際の2本と竹林の1本を伐採しました。また、本日は東京農業大学森林総合科学科林業工学研究室の4年生2名が見学に来ています。

まずはクレーンを敷地入口にセットして道路際の2本から伐採しました。以前の枝下ろしのお陰で枝が又上にまとまってあるのみで、枝の付け根から伐って丸吊りしました。

西側のケヤキは枝下ろし後、重量的に胴木をギリギリ丸吊りできる状態でしたのですぐに元伐りをしました。

予想通りにギリギリの重量で吊り上がり、木が塀に非常に近い状態でしたので人力で引っ張りながら塀への接触を防いで伐り終えました。

伐採後この木を造材中していたところ、切り口より泥水が吹き出した上に急にチェーンソーが切れなくなってしまいました。

後ほど依頼人様より、この腐りは戦中の爆撃で損傷を受けたもので、ケヤキ周辺に爆弾の破片が飛び散ったとのことを聞きました。

泥水は長い年月をかけて被弾跡から侵入した雨水と泥埃等の混合物で、さらにその中に爆弾の破片が混ざっていたようで、それを運悪く伐ってしまいました。

なんとか伐りきったものの大穴が出現し、残念ながらこの木は使える部分が少ない状態でした。

東側のケヤキは西側と同様にまずは枝下ろしをして、こちらはクレーンとの距離と重量的に胴木を丸吊りできないので3分割で胴切をして伐採しました。

当現場では高所作業車が使えないため、、空師による特殊胴切で分割して伐採しました。これら2本の一部は伐採後すぐにトラックに積み込んで、搬出しました。

その後、奥側竹林のケヤキを伐採するため狭い道を通りぬけてクレーンを搬入し、手前側6.7尺のケヤキを伐採しました。

敷地内の道からケヤキの目の前までクレーンが進入できるよう鉄板を敷設してあるため、このケヤキは枝付きのまま3分割での胴切で伐採することができました。

この手前側のケヤキは根元に大きなキノコが生えており、中身が大腐りになっていることが予想されていたので、依頼人様は特にこの木を心配されていました。

伐ってみると予想以上の大腐りで、ほとんど肉が無いと言ってよい状態となっていました。

この奥の竹林へ続く道は16tクレーンおよび、当社の3tトラックがギリギリ入れるという状況でした。

運搬用のトラックが進入できないため、伐採した短幹材は鉄板敷設用で現場入りしていた3tフォークリフトで中庭まで運び、待機しているトラックへ積み込みました。

続き作業は翌日7日が荒天のため予め延期し、8日に残りの2本を伐採する予定です。

201646221514.JPG

梢端吊り伐り(道路際西側ケヤキ)

201646221530.JPG

元木吊り出し(道路際西側ケヤキ)

2016411213655.JPG

梢端吊り伐り(道路際東側ケヤキ)

201646221747.JPG

3番玉胴切(道路際東側ケヤキ)

201646221936.JPG

元伐り(道路際東側ケヤキ)

2016411205022.JPG

元木吊り出し(道路際東側ケヤキ)

201649185650.JPG

3番玉胴切(竹林手前ケヤキ)

201649185710.JPG

2番玉胴切(竹林手前ケヤキ)

201649185730.JPG

元伐り(竹林手前ケヤキ)

201649185745.JPG

搬出作業

 

ページ上部へ