ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>施工事例

施工事例

東京都日の出町 境内林のモミ高木の伐採

平成29年12月14、15日実施

青梅市の造園業者様より、日の出町にある寺院の本堂横の境内林にある高さ約33m・目通り7尺のモミ、高さ約25mのヒノキ、サクラ2本の伐採の依頼がありました。

立木が大きくなってしまい、本堂の方へ傾いていることから万が一を考慮して伐採したいとのことでした。

伐採木のモミやヒノキはクレーンの設置高よりも7m程高い位置から生えており、モミ自体の樹高は26m程度でしたがクレーン作業では樹高33mと同じことでした。

現在のところ伐採する予定はないものの、同じ境内林の中にはクレーン設置高から推定して高さ約35mを超えるモミが数本残っていました。

この寺院は日の出町の中でも山間部に位置し、付近の道路や曲り角が狭く、木の高さに対して25t以上のクレーンを搬入することができませんでした。

最大で16tベースのクレーンまでしか搬入できないので35m近い揚程を確保できる20tクレーンを手配し、ジブ2段拡張して可能な限り樹高を越えられるようにしました。

寺院の入口通路には配管類が通っていたので造園屋さんには養生用鉄板を用意していただき、その他にもクレーンが伐採木に極力近付けるように作業位置の石の移動や枝葉処分もお願いしました。

14日は鉄板敷設等の準備も含め、サクラ2本とヒノキの伐採、モミの上部胴切と枝下ろしをしました。

朝、クレーンを搬入する前にまずは鉄板敷設と石移動の下準備作業から開始し、準備完了次第クレーンを作業位置に搬入設置して、最初に斜面手前側のサクラから伐採しました。

サクラを3回で吊り伐りした後、モミ伐採に取り掛かるためにクレーンを伐採木に近付け、想定通りメインブームだけでは梢端まで届かないのでジブ2段拡張で対応しました。

まずは梢端から約10m分を枝付きのまま2回で胴切しました。その後は下部胴切時に枝がクレーン配線類の支障となるため、1本ずつ吊り伐りしました。

ここでモミの下部を胴切をするためにはジブを格納する必要があったので一旦終了し、モミの横にある高さ約25mのヒノキ伐採に移りました。

ヒノキを2回で吊り伐りした後はジブを格納し、モミの胴切にはクレーンをさらに可能な限り伐採木近付ける必要があったので翌日に持ち越して、奥側のサクラ伐採に変更しました。

同時に造園屋さんが枝葉を搬出する都合上、今日中に全ての枝を伐り終えた方が翌日トラックを運用する上で都合がよいとのことで、敢えて残りのモミ伐採を行わずに枝下ろしに専念しました。

奥側のサクラ伐採後は時間が少し余っていたので、斜面上にあった枯れかけていた細いサクラ、大きく傾いたサクラ、梢端部が枯れたスギを全木吊り伐りで伐採しました。

15日は残ったモミ下部の胴切及び元伐り、伐採材の搬出をしました。

モミ材は4m出材が基本のため、立木の状態で長さを測って胴切位置を予め確定することから開始しました。

幹の残存高より3番玉を5m材、2番玉と元木が4m材になるようにそれぞれ測定して胴切をしました。

胴切と元伐りが終了した後、伐採材をトラック1台に全て積込んで当社の作業を終了しました。

20171215203122.JPG

伐採木

20171215203133.JPG

クレーン設置

20171215203147.JPG

梢端(5番玉)吊り下ろし

2017121520323.JPG

枝付き4番玉吊り下ろし

20171215203321.JPG

細枝吊り伐り

20171215203332.JPG

3番玉胴切

20171215203229.JPG

3番玉吊り下ろし

20171215203241.JPG

2番玉吊り下ろし

20171215203254.JPG

元木吊り伐り

2017121520336.JPG

伐採材

 

埼玉県鶴ヶ島市 台風により折損した屋敷林内の風倒ケヤキの伐出

平成29年12月8、9日実施

川越市の造園業者様より、鶴ヶ島市内の個人様屋敷林内にある目通り260cmケヤキの伐採の依頼がありました。

このケヤキは10月29日に通過した台風22号の強風の影響により、地上10m付近の二又から片方が裂けて県道側へ倒れ、下層木と電線に乗った状態で止まっていました。

屋敷林に隣接する県道は比較的交通量の多い一般県道で、電線には先端の細枝が乗っている程度で、幸いにも交通・電力ともに大惨事にならずに済んでいました。

下から見ると又分かれの少し上に大きなサルノコシカケが生えており、二又付近が菌類に侵されて腐朽し、非常に脆くなっていたことがわかりました。

これでは非常に危険な状態なので早急にも撤去したいとのことでしたが、道路使用許可の申請・電線防護管の設置・当社と造園屋さんの都合から依頼より1ヶ月近くお待ちいただいていました。

風倒木の撤去は非常に危険が伴っており、今回のケースでは地上10mから上の太枝が根こそぎ折れて、しかも電線と下層木に掛り木して止まっているという非常に危険度と伐採難度が高い現場でした。

電線より奥に風倒枝があるため道路から高所作業車では作業することができず、屋敷林内へも車両を簡単に搬入することができませんでした。

車両が使えないことから掛り木風倒枝に直接登って枝落としすることは危険極まりなく、高所作業車を接近して作業しても掛り木が外れた瞬間に枝が車両を直撃することは免れない状況でもありました。

通常の方法では伐採できないことから、ラフタークレーンと吊り下げ式のゴンドラで人員2名を吊り下げた状態で枝落としをすることにしました。

クレーンを県道に設置する都合から25tクレーンよりも小さい機種を選定する必要があり、電線を大きく跨ぐことからジブ2段拡張及び油圧チルト機構の付いた小旋回クレーンに限られていました。

電線防護管の最速設置が7日であることから8日着工で予定し、1日目は20tクレーンで風倒ケヤキの全枝落とし、伐採材の搬出路確保及び付随する障害木の除去をしました。

道路使用許可の制約上9時よりクレーンを道路に設置し、ゴンドラに2名が乗り込んで電線より県道側へ迫り出ている枝を可搬サイズで適宜切断しました。

電線に干渉した枝を全て取り払ったあとは下層木に掛り木した枝の除去に取り掛かり、風倒枝に掛かっている複雑な力を見極めながら端から徐々に伐り落しました。

最後の2本の太枝を残す状態まで風倒枝は下に落ちることなく、この状態から二又の裂け目にチェーンソーを入れて風倒枝自体を伐り落としました。

木の繊維が破断して幹に安全な足場を確保できないことから、反対側の無傷の枝も同様に人員を吊り下げた状態で枝を伐り落しました。

電線の裏側にあるヒノキやスギの枝は高所作業車で枝打ちできないので、防護管があるうちにゴンドラで回り込んで枝下ろしして欲しいとのことでした。

このほか余った時間で屋敷林の入口付近にあった太めのヒノキ2本を別途で売ってもらい、クレーンで3番玉より上を胴切して翌日伐倒するようにしました。

2日目はケヤキと別途で売ってもらったヒノキ2本の伐倒、伐採材の搬出をしました。

まずは、ヒノキ2本を伐倒しました。1本は少なくとも穴が出ることが分かっていましたが、2本とも元木の約1mが穴開きでした。

次にケヤキの伐倒に取り掛かり、風倒の影響で幹には大きな胴割れが発生しており、そのまま伐倒すると着地の衝撃で全幹胴割れを起こしかねない状態でした。

更なる胴割れを防ぐために地上7m付近にチェンブロックを取り付けて幹を締め上げ、伐倒方向には伐採したヒノキの枝葉を敷き詰めてクッションにして衝撃緩和に努めました。

伐倒着地は成功して胴割れの広がりは無く、元木は5m、2番玉は4mで造材しましたが、ヒノキと同様に元木には土壌由来の腐れが少し出ていました。

また、造材したところ胴木に落雷の痕跡が見つかり、受雷で二又が弱っていたところにサルノコシカケが寄生し、腐朽していったことで今回の風倒が起きたことがわかりました。

ケヤキ伐採材はユンボで道路まで約20mを地曳きで集材してユニックで積込み、パルプ材やヒノキ伐採材とともにトラック3台で搬出して作業を終了しました。

2017121014837.JPG

伐採木

2017121014851.JPG

又裂け状況

201712101498.JPG

電線掛り枝切除

2017121014923.JPG

太枝切除

2017121014938.JPG

無傷側太枝伐り落とし

2017121014954.JPG

別売ヒノキ伐倒

2017121015114.JPG

ケヤキ伐倒

201712101514.JPG

2番玉地曳き集材

2017121015035.JPG

元木地曳き集材

2017121015050.JPG

積込

 

埼玉県所沢市 牧場内牛舎脇のケヤキ4本の買取伐採(2)

平成29年11月24、25日実施

所沢市でのケヤキ伐採の続き記事です。

雨予報のため作業を1日延期して24日は目通り210cmケヤキの枝下ろし、目通り190cmと245cmケヤキの元伐り、ケヤキ細木の伐採、カシの剪定を行いました。

初日の作業で伐採した太枝のパルプ材がトラック1台分近く溜まっていたので、作業場所確保のためまず最初にトラックへ積込みました。

太枝の積込後は目通り210cmケヤキの横にあった細いケヤキを全木吊り伐りで伐り出し、その後目通り210cmケヤキの枝下ろしに取り掛かりました。

このケヤキは以前に枝下ろしをしていることから細枝が多数生えており、落葉のクレームを入れた建売住宅や屋外トイレの上に枝が伸びている状態でした。

建物の上に伸びている枝のため、細枝を1本ずつ丁寧に吊り伐りして枝先を屋根に当てないように注意を払って伐り下ろしました。

午後は初日に枝下ろしを完了していた目通り190cmと245cmケヤキの全幹吊り伐りと造材、余った時間で引込電線の上に伸びたカシの剪定をしました。

そのほかにコンクリート片の巻き込みから10cm高く伐っていた目通り280cmケヤキの切株から、コンクリート片を除去して厚さ10cm程度の依頼人様保存用の輪切りを伐り出しました。

25日は目通り210cmケヤキの元伐り、伐採材の全搬出、建売住宅側のムク1本の伐採、牛舎脇のムク1本の芯止めを行いました。

朝、クレーンを移動する都合から昨日までに伐採した材が邪魔になるので、まずは置いてある分だけを先にトラックへ積込みました。

次に、目通り245cmケヤキの奥にあった建売住宅側へ伸びたムクを全木吊り伐りで伐採しました。

その次に目通り210cmケヤキを全幹状態で吊り伐りし、伐り出したと同時に造材してすぐさまトラックへ積込みました。

ここで、トラック2台は遠方への伐採材出荷のため現場を出発して、伐採班は牛舎脇のムクの芯止め枝下ろしを開始しました。

このムクは牛舎の屋根の上に枝が多く広がっており、横に広がった枝は夏季の牛への日除けに利用しているため、上に伸びた4本の枝だけを伐り下ろして欲しいとのことでした。

昼前までにムクの枝下ろしと残りパルプ材の集積を完了し、午後は別トラックでパルプ材の搬出、通路の清掃、ユンボの撤収を行って3日間で全作業を終了しました。

201711260117.JPG

ケヤキ細木全木吊り倒し(24日)

2017112601121.JPG

目通り210cmケヤキ細枝吊り伐り(24日)

2017112601135.JPG

目通り190cmケヤキ吊り出し(24日)

2017112601148.JPG

目通り245cmケヤキ吊り倒し(24日)

201711260126.JPG

ムク全木吊り倒し(25日)

2017112601229.JPG

目通り210cmケヤキ元木吊り伐り(25日)

2017112601246.JPG

伐採材積込(目通り280cmケヤキ)

2017112601259.JPG

伐採材(目通り190cm、210cm、245cmケヤキ等)

2017112601314.JPG

牛舎脇ムク芯止め(1本目中央太枝)

2017112601327.JPG

牛舎脇ムク芯止め(4本目)

 

埼玉県所沢市 牧場内牛舎脇のケヤキ4本の買取伐採(1)

平成29年11月22日実施

所沢市のお客様より、牧場内の牛舎近辺にある目通り190cm、210cm、245cm、280cmのケヤキ4本の伐採の依頼がありました。

牧場のすぐ横に最近できた建売戸建の住民から落葉のクレームが入り、対処せざるを得ない状況になり今シーズン限りで伐採することになりました。

ケヤキは牧場通路左右の比較的近い位置にあり、その中でも一番大きい目通り280cmケヤキは枝下6mで、通路すぐ脇の牛舎と隣り合わせで立っていました。

その他3本のケヤキは全て建売住宅側に立っており、伐採開始時には既に紅葉して一部の葉は落葉していました。

伐出条件は良い現場でしたが価値のある木が目通り280cmケヤキ1本に限られていること、他の3本は幹途中から枝が生えていることから、伐採費用を値引きして作業することになりました。

枝葉は依頼人様が処分、太めの枝はストーブの薪にするので短く切って残しておいて欲しいとのことでした。

通路は砂利道でも地盤が堅いと判断し、伐採には25tクレーンを搬入して3日間の予定でクレーンを現場張り付きにして作業を開始しました。

まず最初に目通り280cmケヤキの枝下ろしから開始し、6m付近で分かれた太枝2本残しの状態まで枝をほぼ全て伐り下ろしました。

次に目通り190cmケヤキの枝下ろしに移り、この木は小さめの枝2本を伐り下ろした後は、梢端の枝を大きい状態で伐り下ろして枝下ろしを終了しました。

昼休憩にはまだ時間が余っていたので目通り245cmケヤキの枝下ろしにも取り掛かり、枝1本を伐り下ろして午後の作業へ持ち越しました。

昼休憩後は14時までに残った枝を5回で全て取り払い、初日のこの時点で太い枝が多いケヤキ3本の枝下ろしを完了しました。

ひと段落ところで予報通り雨が降りそうになってきたので、最初に枝下ろしを完了した目通り280cmケヤキの伐採に戻り、伐り倒してこの日の作業を終了することにしました。

残していた太枝2本を胴切して伐り下ろし、全幹状態にしてから吊り伐りして伐採しました。

根元にコンクリートが巻き込んでいたので10cm程高い位置で元伐りし、牧場という環境から多少ながらも元腐れがあると予想していましたが、伐り倒したところ珍しく中身は無傷でした。

今日は伐採材の搬出は行わず、クレーンと伐採材を通路の脇に寄せて作業を終了しました。

明日以降は枝下ろしを完了している目通り190cmと245cmケヤキの元伐り、目通り210cmケヤキの枝下ろしからの伐採、細いケヤキ1本とムク1本の伐採を行います。

20171123171744.JPG

伐採木(左から目通り280cm、190cm、245cmケヤキ)

20171123171757.JPG

枝吊り伐り(目通り280cmケヤキ)

20171123171811.JPG

枝吊り伐り(目通り280cmケヤキ)

20171123171824.JPG

梢端吊り伐り(目通り190cmケヤキ)

20171123171837.JPG

枝吊り伐り(目通り245cmケヤキ)

20171123171850.JPG

太枝吊り伐り(目通り245cmケヤキ)

2017112317196.JPG

太枝胴切右側(目通り280cmケヤキ)

20171123171919.JPG

太枝胴切左側(目通り280cmケヤキ)

20171123171934.JPG

元木吊り伐り(目通り280cmケヤキ)

20171123171946.JPG

全幹吊り倒し

 

東京都青梅市 急傾斜地のケヤキの伐採とムクの枝下ろし

平成29年11月3日実施

青梅市の造園業者様より、今年5月に墓地脇のスギを伐採した隣地の多摩川の急傾斜地にあるケヤキとムクの枝下ろしの依頼がありました。

隣人様への落葉の配慮から、ちょうど伐採木の前にある家屋の建替えに伴い一旦更地にするので、この機会に重機を入れて伐採したいとのことでした。

ケヤキとムクは多摩川の崖の途中に立っており、家が建っていた崖の上からは少し離れた位置にありました。

周辺の道路が狭いため13tクレーンの搬入が限界と思われていましたが、解体時に周囲の塀を取り払うこと、現場向かい側の駐車場を使用できることから20tクレーンの搬入が可能となりました。

クレーンの設置場所である家屋が建っていた場所は地盤が軟らかいため、造園屋さんには鉄板の敷設とそのほかに枝葉の処分を協力していただきました。

当現場は9月下旬より実施がほぼ決まっていましたが、解体工事の施工時期と20tクレーンの配車予定から今日の文化の日が最速施工日でした。

当日朝、当初の予定は伐採木それぞれの枝下ろしでしたが可能な範囲で元伐りをして欲しいということになり、クレーンの作業能力上元伐りは隣人様に近いケヤキのみ実施することにしました。

20tクレーンを崖側の擁壁ギリギリに設置し、クレーンを伐採木の直上にセットしたところ、作業能力からクレーンとの距離がケヤキで約18m、ムクで約22m離れていました。

まずはケヤキの伐採から取り掛かり、クレーンの作業能力から大小の枝を4回、二又の上の太枝をそれぞれ1回づつで取り払いました。

胴木残しの全幹状態にして中間の3m付近で胴切したいところでしたが、クレーンの作業能力が足りない可能性があったので起こし伐りで伐倒して斜面上に吊り倒しました。

斜面上に倒したケヤキの玉掛位置を修正し、全幹で吊り出して元木、2番玉とも3mに造材しました。

ケヤキ伐採後休憩を挟んでムクの枝下ろしに取り掛かり、クレーンとの距離が大きく離れているため作業能力に応じた重量になるように伐採位置を適宜選び、合計で12回に及ぶ吊り伐りとなりました。

ムクの胴木は伐採しても2m材かそれ以下の長さでないと吊り伐りできず、伐採しても捨ててしまうことになるのでこれ以上は伐採しませんでした。

当初は一部の太枝のみを当社で引き取る予定であったので用意した搬出用トラックはユニック車でしたが、ケヤキの胴木も搬出することになったので急遽午後一番に8t車を呼び寄せました。

伐採班はこの現場作業を終えたあと、入間市内でクリ1本の伐採依頼が入っていたのでユニック車にカゴを付け、13m高所作業車にして急行しました。

2017113231038.JPG

伐採現場(左:ケヤキ、中央:ムク)

2017113231053.JPG

ケヤキ枝吊り伐り1本目

201711323119.JPG

ケヤキ枝吊り伐り3本目

2017113231123.JPG

ケヤキ太枝吊り伐り1本目

2017113231140.JPG

ケヤキ太枝吊り伐り2本目

2017113231154.JPG

ケヤキ元伐り

2017113231325.JPG

ケヤキ吊り倒し

2017113231311.JPG

ケヤキ全幹吊り出し

2017113231243.JPG

ムク枝吊り伐り1本目

2017113231256.JPG

ムク枝吊り伐り

 

埼玉県所沢市 河川改修工事に伴う河川敷の樹木伐採工

平成29年10月30、31日実施

狭山市の建設会社様より、所沢市内の柳瀬川の河川改修(護岸)工事施工のため、前段階の樹木伐採処分工の依頼がありました。

埼玉県発注の工事で、枝葉等発生材の処分には産業廃棄物マニフェストの提出が必要な現場となっています。

護岸工事に先立ち、11月1日より開始を予定されている本工事に伴い、支障となる河川用地内の樹木を10月中に伐採して欲しいとのことでした。

長雨の影響から当初10月中旬に予定していた伐採工事を月末へ延期せざるを得ず、台風22号の影響からさらに31日へ延期しなければならないかもしれないという状況下に置かれていました。

幸いにも台風は夜のうちに過ぎ去り、河川増水という心配もありましたが、作業に支障はないと判断して30日に着工しました。

作業現場は住宅街の中で、枝払い等伐木後の作業スペースや周辺の道路は狭く、搬入できる重機のサイズがかなり限られていました。

伐採木はツツジやツバキなどの植木類と、クヌギ、クリ、カシ、サクラ類などの樹高10m以下の中低木類でした。

工事には12tクレーンを搬入していますが、クレーンと伐採木との距離が長いため立木は基本的に河川敷へ伐倒し、クレーンは伐採材の引き上げに多用しました。

30日は植木等の低木類の伐採より開始し、木を河川に落として流さないように伐り手1人と持ち手2人の3人1組で作業しました。

クリやシダレザクラ等の中低木類は河川に向けて伐倒してからクレーンで引き上げ、先行して伐採した植木類も数本で束ねてクレーンで吊り出しました。

伐採材引き上げ終了後、次のクレーン作業工程は公道上にクレーンを設置して吊り伐りをするため、30日のうちに取り掛かれないので午前中でクレーン作業は終了しました。

午後は、翌日にクレーンで吊り伐りする予定であったクヌギ2本を人力で伐採しました。

枝付きまま伐倒するとガードレールを潰してしまい、河川敷に向けて伐倒するとクレーンでないと引き上げることができないので、枝を全て伐り落としてから道路脇の狭いスペースへ正確に伐倒しました。

枝を落としても伐倒方向を少しでも間違えるとガードレールを潰してしまったり、伐倒する場所が斜面のため材が転がって川の中へ滑落してしまったりする可能性がある状態でした。

もう1本のクヌギは、先に倒したクヌギの切株とその脇にある境杭の間の非常に狭い位置に正確に伐倒しました。

31日は道路使用許可に基づき、片側通行規制にて12tクレーンを昨日伐採したクヌギの前に設置しました。アウトリガー張り出しのため、ガードレールを全て外しました。

クヌギのそばにあるカシ4本は河川敷に向けて伐倒すると排水管を直撃してしまうことから、この4本に限り吊り伐りすることにしました。

クレーンはそのほか昨日と同様、河川敷に伐倒した低木の引き上げにも使用して伐採工は2日間で終了しました。

11月2日に現場へ増10t車を搬入して発生材を全て搬出し、当社担当の樹木伐採処分工を終了する予定です。

20171031205421.JPG

工事告知看板

20171031205437.JPG

工事現場

20171031205452.JPG

クリ伐倒

2017103120556.JPG

クリ全木吊り出し

20171031205520.JPG

シダレザクラ全木吊り出し

20171031205532.JPG

植木類吊り出し

20171031205558.JPG

クヌギ(大)枝切り

20171031205612.JPG

クヌギ(小)枝切り

20171031205642.JPG

クヌギ(大)伐倒

20171031205630.JPG

クヌギ(大)伐倒後

掲載写真は全て30日の伐採作業分です。

埼玉県さいたま市桜区 古墳墳丘上の樹木の伐採(2)

平成29年10月26日実施

さいたま市桜区での古墳の樹木伐採の続き記事です。

昨日が雨のため1日作業を延期して、本日2日目の作業はいつもお世話になっている空師さんに協力を依頼し、伐採班と片付破砕班に分けて2日分の作業を1日で施工することにしました。

駐車場借用期間の都合や住宅街という環境から、近隣への迷惑を最小限にするための工期短縮手法として、今回も2組施工を取り入れました。

伐採初日には13tクレーンで駐車場(墳丘手前)側の立木の伐採を全て完了しており、残存木は全て墳丘奥側であったので本日は25tクレーンを搬入しました。

残存木5本の内訳はケヤキ大小2本、シュリザクラ大小2本、コナラ1本で、それ以外は全て初日に伐採を完了していました。

残存木の直下及び周辺には障害物が無く、隣接する住宅との距離があったので、基本的には吊り伐りせずに枝や太枝は伐り落とすことにしました。

枝切り作業に並行して墳丘の反対側では枝葉のチップ化作業も同時に開始し、初日の最後に伐採したクヌギの枝葉から取り掛かりました。

枝払いをした箇所毎に積み上げられている枝葉を、チッパーを移動しつつ次々に破砕していきました。

伐り落とした枝は移動したり運んだりせず、チッパーへ直接投入できる大きさまでに伐採班が適宜切断して積み上げ、その後片付班が後を追うようにチッパーを移動し横付けして破砕しました。

初日に伐採した枝葉もあるため、伐採班が別の作業で枝切りをしていなくても、片付班の手が止まることなく破砕作業は進みました。

チップ破砕物の散布は雑草対策に効果があるので、墳丘部以外の特に緩傾斜地へ数センチの厚さで散布しました。

伐採木とクレーンとの距離がどれも15mを超えており、枝を全て伐り落としたあと胴木は5本とも伐倒してその場で造材し、短幹状態で吊り出しました。

今回、クレーンは主に伐採材の吊り出しとトラックへの積込みに使用し、墳丘部を超える作業が多かったのでジブも拡張しました。

本日は搬出用のトラックを2台用意して1台目は主にナラとサクラ材で満載、もう1台にはケヤキ材を積込み、ナラとサクラとケヤキの細材(パルプ材)は後日片付時に搬出することにしました。

作業を見物に来られた多数の近隣住民の方々には騒音のお詫びをしましたが、皆さまが伐採の進行に非常に協力的で不満を口にする人はいないどころか、伐ってもらって非常にありがたいとの声を多数いただきました。

伐採木の枝に洗濯用ハンガーで作られたカラスの巣が2つ見つかり、初日にはカラスの姿が見られたものの2日目にはその姿を見ることはありませんでした。

最後に、墳丘保護のためにツバキ、シュロ、アオキ等の低木と草本類を残し、ムクノキやクスノキの萌芽を除去、ナラ類の切株をさらに低く伐り直して萌芽しにくいようにしました。

伐採3日目は当社のみの作業で、残った枝葉の破砕、パルプ材の搬出、重機等の撤収をして3日間で伐採搬出~片付破砕の全工程を終了する予定です。

2017102822040.JPG

伐採2日目の伐採木

2017102822028.JPG

シュリザクラ(大)枝切り

20171028215818.JPG

チップ化作業(マンション側クヌギ枝葉)

20171028215832.JPG

チップ化作業(住宅側ケヤキ枝葉)

20171028215851.JPG

ケヤキ(大)伐倒作業

2017102821596.JPG

ケヤキ(大)伐倒の瞬間

20171028215926.JPG

シュリザクラ(大)伐倒の瞬間

20171028215941.JPG

ケヤキ(小)伐倒作業

20171028215957.JPG

ケヤキ伐採材

2017102822010.JPG

施工後(3日目作業終了後撮影)

 

埼玉県さいたま市桜区 古墳墳丘上の樹木の伐採(1)

平成29年10月24日実施

川口市の不動産業者様より、さいたま市桜区にある不動産屋さんのお客様個人所有の古墳地内にある樹木の伐採の依頼がありました。

カラスの営巣や落葉による近隣への迷惑、台風での倒木被害の未然防止の観点からこの機会に伐採したいとのことでした。

現場周囲は南・西側を1戸建住宅、北側は3階建マンション、東側は駐車場に囲まれ、公道に一切接道していない孤立した地所でした。

高木の枝下ろしや芯止め、皆伐の案がありましたが墳丘保護や地目課税の面から全ての樹木は伐採せず、一部の低木類は残して高木類を全て伐採することを当社で提案しました。

また、伐採材は放火等の防犯上から全て搬出して欲しいとのことでしたが、特に枝葉を搬出するためには工期が長くなるので、現場内で破砕処理してもよいことになりました。

幸いなことに古墳に隣接する駐車場2面は古墳と同様の所有者で、伐採期間中は全面使用させていただくことが可能となりました。

このほかに、現場のすぐ向かいにあるスイミングスクールの駐車場も古墳と同様の所有者で、隣接駐車場の車両移動先や工事車両の通り抜けなどのご協力もいただきました。

土日はスイミングスクールへの車両移動ができないため、工事は平日のみでなるべく短期間で施工して欲しいとのことでした。

不動産屋さんには市へ文化財区域の伐採等制約の確認、近隣住民への説明・挨拶回り等、駐車場使用者への車両移動勧告・移動先の交渉等多大なご協力をいただきました。

伐採対象木のうち、当現場で便宜上高木類に分類した立木はケヤキ2本、エノキ2本、シュリザクラ2本、コナラ2本、クヌギ4本、シデ1本、エゴノキ1本、ユズリハ1本の15本でした。

台風の影響により1日遅れの本日から着工し、初日は13tクレーンを搬入してまずは広い駐車場の方にクレーンを設置し、駐車場側の立木から可能な範囲で伐採することにしました。

最初は墳丘手前側にあるエノキ2本とシデから伐採を開始し、3本とも中径木の部類で全木吊り伐りが可能であったので、丸吊りして伐り倒しました。

中径木3本の伐採後はコナラの伐採に取り掛かり、コナラとクレーンとの距離が大きいので枝と太枝4回で伐り下ろしてから元伐りをしました。

枝を全て取り払って元木を4m材の状態までにして吊り伐りしたところ、重量が1.2tで立木との位置関係上クレーンの作業能力が限界でした。

午前の作業で広い駐車場から13tクレーンで伐採可能な立木を全て伐り終えたので、午後は狭い駐車場の方へクレーンを移動してクヌギ群生3本の伐採に取り掛かりました。

伐採1本目のクヌギはクレーンに最も近く、3本のうち一番小さく枝が少なかったので、全木吊り伐りして伐り倒しました。

2本目のクヌギは枝を付けたまま高さ8mで3番玉を胴切し、8m材の状態で元伐りして吊り倒しました。

3本目のクヌギはクレーンとの距離が一番遠く、一番大きい木であったので枝を1本ずつ伐り下ろしてから胴木を伐採しました。

ここまでの伐採作業は15時前までに終了し、休憩を挟んで伐採材の積込を開始してナラ材は全て積み込んで搬出しました。

エゴノキとユズリハとクヌギ1本は小径木の部類で樹高が低く、倒すスペースがあったのでそのまま伐倒し、伐採木15本中10本の伐採を完了しました。

伐採2日目はクレーン機種を25tへ変更、伐採班と片付破砕班の2組を編成して2日分の作業を1日で施工します。

20171025205941.JPG
伐採現場(円墳古墳)

20171025205650.JPG

コナラ枝吊り伐り

2017102520573.JPG

コナラ太枝吊り伐り

20171025205720.JPG

コナラ元木吊り伐り

20171025205736.JPG

クヌギ1本目全木吊り伐り

20171025205840.JPG

クヌギ2本目3番玉胴切

20171025205855.JPG

クヌギ3本目枝吊り伐り

20171025205912.JPG

クヌギ3本目元木吊り伐り

20171025205924.JPG

ナラ材搬出

 

東京都青梅市 屋敷内のケヤキ・ヒノキ・スギの買取伐採

平成29年10月14日実施

青梅市の造園業者様より、同市内の個人様屋敷内の裏庭にあるケヤキ2本、ヒノキ1本、スギ2本の伐採の依頼がありました。

裏庭にある納屋の解体や立木の整理に伴い、依頼の5本を含む全ての立木を伐採するとのことで、その中でも大きい方5本の伐採を当社が担当することになりました。

ケヤキは目通り220cmと190cmで、目通り220cmケヤキは立ち枯れでブロック塀の間に立っていました。

当初はケヤキ2本の依頼でしたがこの2本だけでは作業が早く終わってしまうため、造園屋さんが伐採予定だったヒノキとスギも一緒に伐採させていただくことになりました。

ケヤキ2本は枯れたり枝があったりでも6m以上の直材が採れ、ヒノキも長尺材として搬出が可能であったのでこの3本を買取させていただき、全ての伐採費用を相殺することが可能となりました。

曇り時々雨の予報が出ていましたが延期にした場合は11月まで先延ばしになること、1日フル稼働で作業する現場ではなかったので雨が降っている間は休止しても問題ないということで本日実施しました。

伐採には13tクレーンを搬入し、まずは家のすぐ横に立っている目通り150cmのヒノキの伐採から開始しました。

ヒノキはクレーンの作業能力的に丸吊りが可能でしたが、吊り下ろすスペースが狭いため地上7m付近で一旦胴切して樹冠部を伐り下ろしました。

ヒノキ胴切後、元木は7mのまま元伐りして吊り倒しました。その後、クレーンを入口付近に移動してケヤキ2本の伐採に取り掛かりました。

まずは、目通り190cmケヤキより伐採を開始し、細枝等を伐り落とさず最初から幹に玉掛して元伐りし、丸ごと吊り倒しました。

吊り倒して枝払いし、長さを採寸したところ9mあったので元木を6m、2番玉を3mで造材しました。

次に、立ち枯れの目通り220cmケヤキも同様に最初から幹に玉掛して元伐りしました。生木の状態よりも約1t軽かったので、皆で驚いていました。

このケヤキの周りにあるブロック塀は取り壊さないとのことから伐採には神経を遣い、玉掛も2点掛けをして伐り離し後に材が極力動かないように注意しました。

ケヤキ2本伐採したところで11時前であったので、昼前に長尺材の搬出をしてしまうことにしました。

搬出用トラックは現地で駐車するスペースを確保することができなかったので、搬出するタイミングでトラックを当社まで取りに帰りました。

現場前の道幅が3mも無い非常に狭い生活道路で、トラックを搬入する上で人員総出での誘導が必要でした。

積込み後、トラック後部より材が約2m飛び出ているため、近くの主要道路への曲り角まで搬入時と同様に誘導付きで見送って現場から材を搬出しました。

午後は残りのスギ2本を伐採し、ヒノキと同様にスギ2本も樹冠部を胴切して伐り下ろし、枝無しの状態で元伐りをしました。

スギ材とヒノキ材の2、3番玉は別のトラックに積み込んで搬出し、枝葉等は造園屋さんが処分することなっていました。

長雨の影響から現場内の地盤状態が悪く、前日に造園屋さんが丁寧に砂利撒きをしましたがクレーンの自重で沈下してしまい、クレーンがスタックしてしまうこともありました。

雨も霧雨程度で済み、作業を長らく中断することもなく15時にはクレーンの搬出も完了し全作業を終了しました。

20171014194330.JPG

伐採木(左奥:ヒノキ、手前左:目通り220cmケヤキ)

20171014194345.JPG

ヒノキ胴切

2017101419443.JPG

目通り190cmケヤキ元木吊り伐り

20171014194416.JPG

目通り190cmケヤキ全木吊り倒し

20171014194532.JPG

目通り220cmケヤキ元木吊り伐り

20171014194546.JPG

目通り220cmケヤキ全幹吊り出し

20171014194436.JPG

ケヤキ伐採材

20171014194450.JPG

スギ胴切

2017101419455.JPG

長尺材積込

20171014194518.JPG

長尺材搬出

 

埼玉県三芳町 工場敷地内の防音林の伐採及び枝下ろし(2)

平成29年9月15日実施

三芳町の建設会社様より、7月に伐採した同町内の金属加工工場敷地内の防音林の伐採及び枝下ろしの依頼がありました。

工場の南側に位置するこの防音林を道路から5.5mの範囲を伐採して駐車場を新設するとのことで、範囲内のクヌギ5本の伐採と範囲外のヤマザクラ2本の芯止めを工事の都合上早く伐って欲しいとのことでした。

この防音林は5年前に当社で枝下ろし等の伐採を実施しており、今回伐採の対象となるクヌギのうち2本が樹高5~6m程度で芯止めしてありました。

伐採には16tクレーンと高所作業車を使って欲しいとのことでしたが、急な依頼のため13tクレーンしか手配できなかったので、当社の13m高所作業車とともに作業することになりました。

依頼を受けて現場確認に行った際は暗い林でしたが、建設会社様が予め作業がしやすいように灌木や草を撤去していました。

今回、枝処理や片付人員は建設会社様が手配するとのことで、当社からは最低限の人員のみが来るように指定されており運搬車両上3人で行きました。

まずはクレーンを使用せずに、高所作業車で届く範囲の枝をそのまま伐り落とすことから始めました。

高所作業車で枝切りをしていると、以前に芯止めしたクヌギの頭の腐っている部分にスズメバチが小規模ながら営巣していることが分かりました。

一時的に作業を停止せざるを得なくなりましたがすぐに殺虫剤を手配してもらい、巣穴に大量の薬剤を噴射してハチを撃退しました。

ハチ撃退後はすぐに作業を再開し、ヤマザクラの芯止めと枝切りを終えたクヌギ3本の元伐りをしました。

休憩を挟み、クレーンと高所作業車を移動して枝下ろしをしたことがないクヌギ2本の伐採に取り掛かりました。

1本はさほど大きくなかったので、クレーンで丸吊りして伐り倒しました。残り1本は枝を吊り伐りして3回で取り払い、胴木は胴切せずに1回で吊り倒しました。

午前で南側防音林の伐採作業は完了し、午後は伐採材の積込みと追加で依頼された工場内のコナラ1本を伐採しました。

このコナラは重量的に13tクレーンで丸吊りできる大きさでしたが、狭い場所での作業で材を吊り下ろすスペースが無かったので、一旦10m付近で胴切してから元伐りをしました。

枝葉は建設会社様が処分するので林内に残置し、伐採材はいつものように引き取って欲しいとのことでした。

また、このほかに7月に当社で伐採した西側の工区で、建設会社様側で新たに伐採したケヤキ4本も同時に引き取ってきました。

2017915211221.JPG

伐採木(手前側クヌギ5本)

2017915211235.JPG

クヌギ1本目枝切り

201791521130.JPG

ヤマザクラ枝切り

2017915211313.JPG

クヌギ2本目元木吊り伐り

2017915211436.JPG

クヌギ4本目全木吊り伐り

2017915211449.JPG

クヌギ5本目枝吊り伐り

2017915211335.JPG

追加分コナラ胴切

2017915211348.JPG

追加分コナラ元木吊り倒し

201791521146.JPG

ナラ伐採材

2017915211420.JPG

施工後

 

ページ上部へ