ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2018年7月

2018年7月

東京都小平市 飲食店解体現場のケヤキ大木3本の伐採

平成30年7月24日実施

都内の解体業者様より、小平市にあるファミリーレストランの脇にある目通り230cm、260cm、310cmのケヤキ3本の伐採の依頼がありました。

道路拡張の用地買収に伴い、ファミリーレストランの立退きによる閉店及び更地化からこの3本のケヤキも障害となるため、解体工事と並行して伐採されることになりました。

店舗営業時にはケヤキのすぐ傍まで建物が建っており、反対側には道路と電線が通っているため建物を解体してからではないと伐採することができないケヤキでした。

簡単に伐採ができなかったことから枝が店舗や道路に伸びる度に、3本とも数年に一度のペースで枝下ろしをしていた状況でした。

その中でも目通り310cmケヤキは街道交差点のすぐ脇に立っており、細枝が電線に絡んだり交差点の上まで伸びたりして伐採時には一時的に交通を止める必要がありました。

店舗を建設した際に目通り310cmケヤキの根を痛めた影響から、店舗側の幹が傷んでおりサルノコシカケが2個生える程、樹幹が弱っておりました。

目通り310cmケヤキは幹が傷み、他のケヤキは幹から細枝が複数生えていたことから買上して伐採することはできませんでしたが、質の悪い木ではないため伐採作業費の値引対応をさせていただきました。

更地後の作業になると鉄板敷設等の経費が掛かるため、建物の解体が終了し駐車場のアスファルトが残っているタイミングで伐採することを条件としました。

伐採には16tクレーンを搬入し、酷暑の中の樹上作業を大幅に軽減させるために当社の13m高所作業車も併用して作業を開始しました。

目通り230cmと260cmケヤキは全幹状態で吊り伐りするため、まずはゴンドラに乗って作業の支障となる細枝を全て伐り落とし、次に目通り310cmケヤキの細枝も同様に枝落とししました。

目通り310cmケヤキの細枝は電線と電線の間や信号機の上に伸びており、太枝を吊り伐りする前に干渉している細枝を伐り落としていない場合は接触して設備を破損しかねない状況でした。

猛暑の中で多くの休息を取る必要があり、障害となる細枝を1本ずつ丁寧に伐ったため予想よりも多く手間取ったことから、吊り伐りするための準備作業に午前中一杯掛かりました。

午後から漸くクレーン作業となり、目通り310cmケヤキの三又の吊り伐りから開始し、太枝3本を全て伐り終えたところで高所作業車を撤去してクレーンを全幹吊り伐りに対応する位置に移動しました。

枝が無くなったことで日陰が消えて全員の体力消耗が激しくなり、作業スピートが格段に落ち休憩が増えて能率が大幅にダウンしました。

度重なる休憩を取り、目通り310cm、230cm、260cmケヤキと順々に全幹吊り伐りして造材し、最後に追加で依頼されていたイチョウ2本も全幹吊り伐りで伐採しました。

ケヤキは3本とも腐り、曲り、節のいずれかがあるため、欠点に応じた造材となっているので基本的に乱尺の短幹材になりました。

最後に当社で用意した3台のトラックに伐採材は丁度全て積み切り、体力の限界と1時間の残業でなんとか1日で作業を終了しました。

枝葉は解体業者様側で処分するとのことで一箇所に全て手作業でまとめて積み上げ、目通り310cmケヤキ等の太枝材はパルプ材として当社が無償で引き取りました。

201872705551.JPG

伐採木(左から目通り310cm、230cm、260cmケヤキ)

201872705614.JPG

目通り260cmケヤキ小枝伐り落とし

201872705643.JPG

目通り310cmケヤキ小枝伐り落とし

201872705656.JPG

目通り310cmケヤキ太枝吊り伐り

201872705830.JPG

目通り310cmケヤキ元伐り

201872705817.JPG

目通り310cmケヤキ吊り倒し

201872705721.JPG

目通り230cmケヤキ吊り倒し

201872705734.JPG

目通り260cmケヤキ吊り倒し

201872705748.JPG

元木伐採材積込

20187270580.JPG

大径伐採材積込

 

埼玉県入間市 屋敷内のケヤキ大木の枝下ろし

平成30年7月4日実施

狭山市の土木解体業者様より、入間市内の個人様屋敷内にある目通り320cmのケヤキ大木の枝下ろしの依頼がありました。

5日に接近する台風7号による枝折れを大変心配し、時期が悪いにも関わらず取り急ぎ強剪定をして欲しいとのことでした。

昨日も同様に枝折れ対策としてカシ2本の剪定を当社の13m高所作業車で実施しており、昨日の今日というかなり急遽な依頼でも何とか対応して欲しいとのことでした。

丁度、土木解体業者様が隣地の造成工事を施工しており、今のうちに鉄板を敷けばクレーンが搬入可能で、枝の吊り下ろしスペースも十分に確保できる状況でした。

昨日の朝に作業の実施が決定し、すぐさま土木解体業者様はクレーンの手配と鉄板搬入敷設して本日の作業に備えました。

近年中に依頼人様敷地全体も造成工事が予定されており、このケヤキも伐採する予定であることから枯れても良いくらい枝は取り払ってもらいたいとのことでした。

現場状況でクレーンの大きさには制限はないため、なるべく枝を大きい状態で吊り伐るために25tクレーンを手配してもらっていました。

台風の接近により風が強まりだしていたので、枝が風に煽られてクレーンの配線類への接触を防ぐために予めジブを拡張して作業を開始しました。

ジブを拡張しても2t以上の吊り上げ能力を確保できることから、当初の予定通りに太枝は丸々吊り伐りすることにしました。

可能な限り幹の枝分かれに近い位置から伐り離してもらいたいとのことで、足場を残す位で伐れたので切断時は足場が安定していて作業が容易でした。

当社の地上作業員が3名、土木解体業者様の地上作業員が4人、ハサミ付きユンボが2台いましたがそれでも枝払いと枝葉積込が間に合わず、枝を吊り下げたまま待機することが度々発生していました。

作業開始50分で7本の太枝を伐り下ろし、休憩と枝片付を挟んで残り4本の太枝を伐り下ろして11回の吊り伐りでケヤキを丸坊主にして、11時にはクレーン作業が全て終了しました。

枯れても良いとは言われても当社としては枯れて欲しくないので、可能な限り新たに生えたような細枝を残して少しでも生き残れるようにしました。

伐採した枝葉は土木解体業者様が処分し、太枝は当社で引き取りました。

今後の造成工事も土木解体業者様がすでに受注しているようで、このケヤキを含む他立木の伐採も今後当社で施工する予定です。

201876032.JPG

伐採木

2018760320.JPG

1本目枝吊り伐り

2018760613.JPG

1本目枝吊り下ろし

2018760558.JPG

枝吊り下ろし

2018760419.JPG

7本目枝吊り下ろし

2018760436.JPG

7本目枝吊り下ろし後

2018760458.JPG

8本目枝伐り離し

2018760513.JPG

8本目枝吊り下ろし

2018760529.JPG

太枝パルプ材

2018760542.JPG

施工後

 

ページ上部へ