ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>施工事例>東京都清瀬市 学校建替え現場のケヤキ巨木の買取伐採
施工事例

東京都清瀬市 学校建替え現場のケヤキ巨木の買取伐採

平成29年12月27日実施

都内の解体業者様より、清瀬市にある学校の校舎建替え工事に伴い、敷地内にある目通り4mのケヤキ巨木の伐採の依頼がありました。

当初はケヤキを残して校舎を解体して新築するようでしたが、近隣からの落葉のクレームにより工事期間中に撤去してほしいとのことでした。

建替え工事の元請業者はゼネコンであるため木登り等の作業が高所作業車に限定され、空師による樹上作業が一部制限されていました。

解体屋さんが非常に協力的な方で伐採前日に高所作業車で一部枝切りの実施、当日は25tクレーンと22m高所作業車の手配、大型車両通行禁止の通行許可申請等まで準備していただけました。

本日は解体屋さんに手配していただいた機材とともに、枝下ろしの続きより作業を開始しました。

実際のところ、前日の枝切り作業では解体屋さんのチェーンソー故障により全体の2割弱の枝しか切り落とされておらず、ほぼ野木の状態から伐採することになりました。

ケヤキの周辺にある建物は解体するため屋根の上に構わず枝を落としてもよいとのことで、細枝等大方の枝は吊り伐りせずに次々と伐り落としていきました。

枝分かれ部からの太枝は安全のため全てクレーンで吊り伐りし、枝を全て取り払った後はクレーンを可能な限り幹に接近させて全幹状態で吊り伐りしました。

元伐り後、全幹状態を吊り上げたところ重量は10.5tもありましたが、25tクレーンのため問題なく吊り倒しが可能でした。

胴木は枝分かれ部を伐り離して元木を7.2mで造材し、元木重量が8.5tとなったところで待機させていた出荷用トラックを現場に搬入して積込みを開始しました。

大型車両通行禁止の通行許可は車両総重量20t車までの車両でないと通行許可が下りなかったので、一般の運送業者の車両総重量25t車が進入できず、運搬車両の手配には非常に頭を悩まされました。

材の長さと重量から車種が非常に限られた上に、年末ということもあってさらに運送業者の手配が厳しくなり、最終手段としていつもお世話になっている空師さんに協力を依頼しました。

空師さんの大型車は車両総重量20t車で大型規制をクリアして搬入することが可能で、材を最大限のサイズで搬出することも可能となりました。

枝葉等の残材は解体屋さんが処分することになっており、一部の太枝は可能な範囲で引き取ってもらいたいとのことで当社のトラックにはパルプ材を満載しました。

樹齢約100年で目通り4mクラスに早々と生長したがために質が良いとは言い難い木でしたが、ボリュームが大きい木で伐採条件が良い場所であったのでケヤキは買上げして伐採しました。

また、ちょうど該当サイズのケヤキ丸太を探している業者がいるとのことで、注文材に適合する可能性があったので現地直送にて現場より出荷しました。

201712292915.JPG伐採木

2017122921144.JPG

太枝吊り伐り①

2017122921157.JPG

太枝吊り伐り①

2017122921214.JPG

太枝吊り伐り②

2017122921227.JPG

太枝吊り伐り②

2017122921243.JPG

太枝吊り伐り③

2017122921255.JPG

太枝吊り伐り③

2017122921311.JPG

元伐り

2017122921324.JPG

元木吊り上げ

2017122921337.JPG

吊り倒し

2017122921350.JPG

造材

201712292149.JPG

積込

2017122921421.JPG

出荷

2017122921439.JPG

目通り4mケヤキ伐採記念写真

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamato-masuoka.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/114

ページ上部へ