ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2016年11月

2016年11月

埼玉県川越市 屋敷内のケヤキ大木の買取伐採(2)

平成28年11月10日実施

川越市でのケヤキ大木伐採の続き記事です。

昨日、ケヤキの伐採に先駆けて鉄板敷設とカシの伐採を行い、本日は25tクレーンを搬入してケヤキを吊り伐りしました。

本日は東京農業大学森林総合科学科の学生1名がチェーンソー使用の研修に来ています。

朝、作業を開始しようとしたところクレーンのブームが伸びないという故障が発生し、代車と交換して作業を開始したのが11時になるという大きなトラブルに見舞われました。

以前に枝下ろしをしている木のため細い枝が大量に出ており、野木に比べて枝下ろしには多くの時間がかかることが予想されていたことから日没までに終われるか大変心配になりました。

枝下ろし開始時は細い枝を1本ずつ伐り下ろしていくしかできず、正午までにはほとんど作業が進んでいない状況でした。

午後からはある程度大きな状態で枝を伐り下ろすことができたので、3時までにはほとんどの枝を下ろすことができました。

休憩を挟み、その後は5m付近に生えている小屋の屋根や引き込み電線に被っている細い枝を1本ずつ丁寧に伐り下ろしました。

全ての枝を伐り終えた後はクレーンを前進してケヤキに接近させ、片方の二又を伐り下ろさずに2番玉と3番玉を同時に特殊胴切で伐り下ろしました。

この胴切は75cmのチェーンソーで実施し、このバーでも届かないくらい大きかったので樹幹上で回し伐りをしました。

この胴切が終了した時点ですでに4時半を過ぎており、いよいよメインの元伐りを開始したのは日没後の5時前になっていました。

ケヤキは小屋と小屋の間にあり、元木は真上に吊り上げなくてはならないので2点吊り用の玉掛を実施しました。

105cmのバーを装着した超大型チェーンソーを用意していましたが、これは使用せずに胴切で使用した75cmのチェーンソーで元伐りを開始しました。

元伐り開始後すぐにチェーンソーのエンジンに負荷が減ったため、予想以上の空洞があることがわかりました。

大穴の存在に落胆しながら伐り進めていき、南側のある大きな根張り付近を伐っているとオガクズに大量の火花が混ざりました。

石が混入しているようで、一瞬にしてチェーンソーが切れなくなってしまいました。50cmのチェーンソーに換えて逆方向から伐り始めましたが、そこでも石にヒットして刃がボロボロになってしまいました。

今度は70cmのチェーンソーに換え、石がありそうな部分を回避して根張りを伐り落とすように縦方向に刃を入れました。しかし、大きく回避したはずがそこでも石にヒットしてしまいました。

さらに、回避して63cmのチェーンソーで伐り始めましたが、またまたこの刃も石にヒットして刃が使い物にならなくなりました。

ほとんど元伐りは終了している状態でしたので、反対側にクサビを重ねて打ち込んで僅かに伐り残している部分を引き離し、元伐り開始より30分でようやく吊り上げることができました。

吊り出し後、根張りを見たところ大量のガラが混入しており、広範囲に渡って詰め込まれたような感じになっていました。これでは伐る位置を変えたくらいでは、解決できるレベルではありませんでした。

元腐れは家畜の影響を大きく受けておりドカ穴が開いていましたが、棒を突っ込んでみると穴は1.2m程で止まっているようでした。

元口の一番広い所で幅2mもあり、昨年伐採した目通り3.6mのケヤキ(幅1.6m)より大きかったです。出荷(造材)前の末口直径は88cmで、広い所で120cmもありました。

辺りが真っ暗になっても伐採木を積込みしないと作業を終えることができないので、全車両のライトを点灯して積込みを行いました。

現場を出発したのは夜7時で、帰社後は土場にて積み降ろしを行ったので全作業終了時間は夜8時でした。

20161112214547.JPG

クレーン設置

20161112214626.JPG

太枝吊り伐り

20161112214713.JPG

太枝伐り離し後

20161112214728.JPG

3番玉胴切

20161112215124.JPG

3番玉胴切後

20161112215138.JPG

2番玉胴切

20161112215052.JPG

元伐り

2016111221515.JPG

積込前

20161112214944.JPG

元木出荷

埼玉県川越市 屋敷内のケヤキ大木の買取伐採(1)

平成28年11月9日実施

10月も特殊伐採が非常に少なく、街路樹の伐採や支障木の伐採が主でした。また、10月下旬~おとといまでは伐採の定期休業期間でした。
11月第一弾の伐採はケヤキ大木の伐採の記事です。


川越市のお客様より、自宅屋敷内にある目通り3.5mのケヤキ1本とその周辺にあるカシ等の伐採の依頼がありました。

裏の農地が近いうちに造成されるようで、家が建ってしまうと簡単に伐ることができなくなってしまうことから今回のタイミングで伐採することになりました。

ケヤキの伐採と同時に、農地との境界付近にあるカシ等も合わせて伐採して欲しいとのことでした。

カシも伐採することから裏の農地を使用してよいということになったので、鉄板を敷いて重機と車両を搬入して作業することにしました。

依頼人様の家の中庭には鉄板を敷かずに25tクレーンを搬入することが可能でしたが、木との距離が遠くなって大きい状態で伐出することが難しい状態でした。

また、庭からの作業ではスペースの都合から枝を大きく伐り下ろすことができず、細かく伐った枝を置くスペースも無いので、鉄板を敷いても農地を使うことができたことは非常に助かりました。

その上にカシの伐採にはクレーンを使用せず、農地に向けて自由に伐り倒すことが可能となりました。

枝葉は依頼人様が処分するため、農地の脇に残置してよいという代わりにカシ等の幹や枝の太い材は搬出して欲しいとのことでした。

ケヤキは20年程前に枝下ろしを実施しており、細い枝が大量に生えている状態でした。このために枝下高が5mと低く、元木の5m程度が良材として出材できる状況でした。

ケヤキは元木だけしか利用価値が無く、カシの伐採も依頼されているため、ケヤキを買取させていただくことは可能でしたが、総合では相殺以上にはならなかったので鉄板代のみを依頼人様よりいただくことになりました。

本日はケヤキの伐採に先駆け、鉄板の敷設とカシ等の伐採を行いました。いつものように鉄板の敷設にはフォークリフトを使用しました。

カシは全て農地側に傾いていたのでそのまま伐倒し、境界の角にあったムクノキ1本はワイヤで曳いて伐倒しました。

敷地東側の境界付近にあったカシ2本は境界の堀を挟んで隣人様の畑に向けて伐倒し、その場で枝払と造材をしてからユンボで曳いて集材しました。

依頼人様は養豚業を自宅敷地内で営んでおり、その影響なのか多くのカシに元腐れがみられました。

ケヤキにもその影響が大きく出ると、価値が大きく下がってしまうので心配です。立地条件と幹の形から多少なりとも穴が出てしまうことは初めから覚悟しています。

伐採したカシ等の幹は当日中に全て搬出しました。明日、25tクレーンを搬入してケヤキを吊り伐りします。

201611920106.JPG

伐採木および現場全景

2016119201022.JPG

伐採木(カシ類)

2016119201043.JPG

伐木作業

2016119201056.JPG

枝払作業

2016119201120.JPG

集材作業

2016119201133.JPG

集材作業

2016119201155.JPG

積込作業

201611920127.JPG

伐採木(目通り3.5mケヤキ)

 

ページ上部へ