ホーム>埼玉の伐採、製材ブログ>2016年3月

2016年3月

埼玉県ふじみ野市 屋敷内のケヤキの買取伐採(2)

平成28年3月29日実施

ふじみ野市でのケヤキ買取伐採の続き記事です。

当社に代わって26、27日に空師さんがクレーンを搬入してケヤキ3本、イチョウ1本、サワラ1本、ムクノキ2本の伐採をしました。

この伐採により、荷下ろしスペースが25日と比べて大きく広がってケヤキの枝下ろし作業が早くなりました。本日も25日同様に25tクレーンと27m高所作業車を搬入しました。

まずはムクノキの枝を取り払い、胴木を丸吊りして伐倒しました。その後、ケヤキは1時間かからず枝を全て取り払い、枝下ろし開始から1時間半で伐倒~造材までを終わらせました。

このケヤキも道路際の柵のすぐ脇にあって、ガイドバーの長いチェーンソーが使用できないため63cmのバーを装備した中型機で元伐りを行いました。

元腐りが懸念されていましたが、このケヤキは無傷で白太が少なく、材質の良いものが採れました。予想通り、材の大きさに対して年数の経った古い木でした。

一面の節(枝)が大きなマイナスポイントですが、幸いなことに幹は真っ直ぐであったので7mに造材して搬出しました。

元木の腐っている木が異常に多いので依頼人様に家畜の存在を聞いたところ、やはりクレーンが据わっていた位置に牛が飼われていたそうです。

樹種にもよりますが、家畜の排泄物を含む土壌にある樹木は幹に空洞(幹内部の腐り)ができやすいという大きな傾向があります。

伐採が終わり、依頼人様は不安要素が取り除かれたことで安心しておりました。これで何時台風が来ても枝が落ちることはありません。

2016329191438.JPG

伐採木(左:ケヤキ、右:ムクノキ)

2016329191455.JPG

ケヤキ枝吊り伐り

2016329191632.JPG

ムクノキ元伐り

2016330215619.JPG

ムクノキ全幹吊り倒し

2016329191815.JPG

ケヤキ元伐り

2016329191831.JPG

根元状況

2016329191944.JPG

ケヤキ全幹吊り倒し

2016329191959.JPG

ケヤキ伐採材搬出

 

埼玉県ふじみ野市 屋敷内のケヤキの買取伐採(1)

平成28年3月25日実施

三芳町の空師さんより、ふじみ野市内の個人様屋敷内にあるケヤキ2本の買取とその他付随する立木の伐採の依頼がありました。

古い木のため枯れ枝が増えてきて、それが落下して木の真下を通る車や人に直撃して事故にならぬよう、この機会に整理するということでした。

以前にも枝が道路に落下して幸いに事故にはならなかったものの、ヒヤヒヤするようなことがあったそうです。

直下の道路は抜け道となっており、現場のすぐそばで交通量の多い県道と交差しているため、昼間でも交通量が多い状態でした。

当社では大径木類の伐採を担当し、空師さんが道路使用許可申請の手続きおよび、中径木の伐採と全ての枝葉の搬出処分を行いました。

前日24日にクレーンを搬入するために垣根の除去、電線に干渉している枝と道路上に張り出した枝を1日かけて先行的に除去しました。

本日は25tクレーンを搬入してケヤキ大径木1本とケヤキ中径木4本の伐採を行いました。クレーンの他、道路上に27m高所作業車も搬入しています。

伐採は枝を大きい状態で吊り伐って木を丸坊主にしてから、胴木を丸吊りして伐り倒しました。

荷下ろしするスペースが非常に狭いため、枝が下りてきてもクレーンで吊るしたままで枝払いして即座にダンプへ積込んで搬出しました。

ケヤキの根元は道路際に設置された柵と非常に近く、大型チェーンソーを使うことが難しい状況でした。

買取対象のケヤキ1本は樹幹内部に多少の腐りがあることを予想していましたが、伐倒したところ予想以上の腐りが出現し、造材してもしつこい腐りが付きまといました。

1本は腐り、もう1本は片面大節であるため、伐採費用値引きでの対応で見積りさせていただきました。

他の中径木でも元腐りがあるため、地質的要因で発生している可能性が高く、もう1本のケヤキでも元腐りがある可能性が出てきました。

週末に空師さんが中径木の伐採を行う予定で、当社が29日に残りのケヤキ大径木1本とムクノキ1本の伐採、全ての胴木を搬出して伐採作業を終了します。

2016326223147.JPG

伐採木(道路側より)

201632622324.JPG

伐採木(敷地内より)

201632622337.JPG

枝吊り伐り

2016326223323.JPG

枝吊り下ろし

2016326223428.JPG

太枝吊り伐り

2016326223446.JPG

根元状況

2016326223550.JPG

元伐り

201632622365.JPG

元木大穴腐り

 

埼玉県狭山市 工場解体現場のイチョウの伐採

平成28年3月4日実施

狭山市の解体業者様より、同市内の工場解体現場にある目通り7尺のイチョウの伐採の依頼がありました。

現場内は狭くて建物はまだ解体しておらず、木の近くには電線や生活道路があって伐り倒せないので12tクレーンを使用しました。

胴木には工場軒先の軽量鉄骨が食い込んでおり、根元にはコンクリートガラが巻き込んでいました。

クレーンは木の間近まで接近できたので、まずは太枝3本を丸吊りして木を丸坊主にしました。

その後、元伐り時に木の安定を確保するため二又上の鉄骨に食い込んでいない方の胴木を胴切しました。

鉄骨から木を引き離すために受け口を作ってから追い口を入れ、追い口伐りがほぼ終了した時点で楔を打ち込みました。

クレーンはブームを起こした状態で張力を掛けていましたがその力だけでは食い込みを引き離せず、最後は楔の力で食い込みを引き離しました。

イチョウは赤身が非常に少なくまな板には最適ですが、非常によく育っており枝下ろしによる腐りがあって材としてはあまりよくありませんでした。

伐採と発生材の搬出は半日で終了し、機材引き上げを含めて1日のうちに全作業を終了しました。

20163421273.JPG

伐採現場

201634212719.JPG

鉄骨への食い込み

20163421298.JPG

樹木梢端部への玉掛

201634212927.JPG

太枝吊り伐り

20163421311.JPG

元伐り

201634213118.JPG

伐り離し直前

201634213255.JPG

元木吊り出し

201634213315.JPG

伐採材

 

ページ上部へ